【vol.2】日本語と英語の決定的な違いは〇〇だった。これを知らないと一生後悔します。

はい。The Parasite Englishアカデミーの皆さん、
おはようございます。
今日も頑張っていきましょう。

 

ということで、今日のタイトルは、
「日本語は女子の文化で英語はそうじゃない」
というタイトルで
やっていきたいと思います。

 

なんのこっちゃ分かんないと思うんですけど、
英語の始める前に、
骨格となってくる考え方っていうのを
お伝えしていこうと思います。

 

この動画の内容を実践するメリットとしては、
なぜ今までの英語学習では、
本当の意味で理解して伸びて来なかったのかが
分かると思います。

 

大事なのが、
これから英語学習続けていく上で、
「なんで自分が
最近話せるようになってきたのか?」

 

話せなくても
「なんで最近
文章がすらすら作れるようになってきたのか
書けるようになってきたのか」っていう所を

 

「なんでなんで」ってのを自分の中で
深堀りして、答えられる人ってのが、
中級者以上、上級者まで伸びます

 

で、暗記とか勉強量、学習量、努力量とかで
カバーしていく人ってのは
基本的に頭打ちが来て、
途中で止まっちゃうんですけど

 

そういう人ってのは、
なぜ伸びてきてるのか分かってない
ことがほとんどです。

 

なので、皆さんは学習し続けていく上で、
なんで最近喋れるようになってきたのか
ていうところを、

 

理由が説明できるように、
理屈とかも説明できるように
頑張っていきたいと思います。

 

本当に、英語の伸び悩んでた理由が、
今までのは思い込みだったなってのが
凄い分かってくると思いますし、

 

今日の動画見ることで、
英語の最初のハードルが
100段ぐらい下がるとは思ってますし、

 

僕自身こういうの最初に知っとけば
良かったなって今では思ってます。
皆さんに最初は日本語と英語の決定的な違い
ってのを今日はしっかりと頭に入れて頂いて、

 

英語学習スタート
させてもらえればなと思います。

 

じゃあ早速、日本語と英語の決定的な違いを
見ていこうと思うんですけど、

 

まず日本語です。日本語っていうのは、
例えば僕タクトがです、セブを愛しています。
っていう文章を言いたい時に、

 

「タクトか、愛してます、セブを」
「セブを、愛しています、タクトが」
「愛しています、タクトが、セブを」

 

いわゆる「タクトがセブを愛しています。」
っていうその単語を、順番がぐちゃぐちゃに
なっても日本語って大体意味が分かります
通じるっていうのが日本語です。
伝えたい意味に変化はないんです。

 

どうバラバラにしても、
タクトがセブを愛してることに変わりはないし
この単語の位置がそれぞれ変わっても、
意味が変わらないってのが
日本語の特徴です。

 

これなぜかと言うと、「タクト『が』」とか、
「セブ『を』」とか、そういう助詞っていう
素晴らしい日本人の編み出した道具があるので
これがあるから、
文章ってぐちゃぐちゃにしても通じるんです。

 

こういうのを「助詞文化」って言ってます。
「助詞文化。」

 

例えば、「タクト」「セブ」「愛している」
っていうのを、「が」とか「を」が
無かったら、「セブがタクトに」
かもしれないです。

 

「セブをタクトの」
とかになるかもしれないし、
自分が伝えたい意味ってのが、
適切な助詞っていうの選ぶことができれば
伝わるのが日本語なんです。

 

なので、日本語ってのはそういう意味で言うと
助詞がめちゃめちゃ大事っていう
助詞文化です。

 

なので、今日のタイトルは「女子」って
わざと女子にしたんですけど、
「助詞文化」です。
助詞文化っていうのがありますと。

 

その助詞文化って何かというと、
この単語「タクト」とか、「セブ」
とかっていう単語が、どんな役割なのか?

 

いわゆる「~が」って付けたら
「タクトが」って主語になりますし、
「セブを」ってやったら
目的語になりますよね。

 

そういう役割っていうのを、助詞っていうのを
適切に付けることで
日本人はくっつけて
意味を説明してるってのがあります。

 

日本語ってのはそれを、
単語の直後に話しましたね。
あまり「がタクト、をセブ、愛してる」
という人はいないと思います。

 

助詞っていうのは、単語の後ろに付ける
そういう日本語のルールがあります。

 

じゃあこれから学んでく英語って
どういうものかというと、
順番が変わると意味が変わっちゃうんです。

 

日本語と真逆です。
なぜかというと、「~が」とか「~を」とか
そういう、日本語にある助詞という
文化が無いので、

 

ぐちゃぐちゃにすると意味が
変わっちゃうわけです。

 

例えば「I love you」は通じますけど、
「I you love」これ通じないし、
「you I love」これを通じないわけです。
これしか通じないというわけです。

 

逆に言うとじゃあどうやって英語って
「~が」とか「~を」っての
表してきたんですか?
って話になるわけですよ。

 

それが、この位置ですよ位置。
位置っていうのがすなわち助詞を表すんです。

 

これどういうことかというと、
位置が「~が」を表す。
この3つで分けるんだとすると、
「I love you forever」にしましょう。

 

まずここはじゃあ、foreverを最初に
持って来ましょうか。
「forever you I love」みたいな。

 

これがダメな理由ってのは、
ここの1番最初の位置です。
ここの位置に置くだけで、
「~が」って訳しましょう。

 

ここに置くだけで「~を」って訳しましょう。
っていう、単語じゃなくて、
助詞を付けるんじゃなくて、その位置が

 

「~が」とか「~を」とか決めてる
ってことです。
これ全然日本語と違いますよね?

 

日本語は「~が」とか「~を」とかを
付ければ別に順番どうでもよかったんですよ。

 

けど英語は、付けるってことができない以上、
じゃあ何でで判断してるかっていうと、
ここなんです。置いてく場所によって、
「~が」とか「~を」とかを
決めましょうってことです。

 

なんでこれがダメかというと、
「foreverがあなたする」と
もう意味分からなくなってますね。

 

すなわち英語ってのは位置言語ですよ。
位置言語。単語がどんな役割なのか
このIっていうのが、「私が」なのか、
「foreverが」なのかっていう役割を、
位置で決めてるわけです。

 

じゃあ皆さんが前置詞って言ってるやつは
何かというと、

 

あれがいわゆる、日本語で言う「~と」とか、
「~に」とかっていうのを
分かるようにするために付ける
サインなんですサイン。

 

これから前置詞付けるから、
これから「~と」とか「~に」
っていう意味になるぞ
っていうサインなんです。

 

どういうことかと言うと、
皆さん追加情報ゾーンにです、
「~と」とか「~に」を表すもの
入れると思うんです。

 

例えば「I eat banana with my family」
っていう時には、
withっていうものを付けますね。

 

これ前置詞です前置詞。
この前置詞っていうのは、
日本語言う「~と」とか「~に」
とかその他もろもろ、

 

そういう他の助詞ですよね。
この「~が」とか「~を」
では示せれなかった
助詞っていうのを分かるように
するために付けるので、これ付けた瞬間、

 

「『~に』とか『~と』っていう風になるよ。
今からそういう話をするよ」っていう
サインなんですよ。

 

いわゆる直後に喋る単語が
familyとかってやつが、
どんな役割なのか?

 

これがfamily「が」食べるのか、
family「を」食べるのか、
family「に」食べるのか、
family「へ」食べるのか、
family「と」食べるのか、
そういう役割を先に教えるヒントなんです。

 

だから、withだったり
inだったりonだったりって分けとかないと、
「~に」とか「~を」とか、
全部withで表したら難しいじゃないですか。

 

だからこうやって分けてるわけですよ。
そういうことです。

 

じゃあ話はちょっと変わるんですけど、
呪文のように覚えてきたものが
あるんです皆さん。

 

I my me mine you your you yoursとかって
やってきたと思うんですけど、
あれ何かというと結局、
学校でどうやって教わったかというと、

 

「暗記しろ」って教わったんです。
「次の授業までにこれだけは
少なくとも暗記してこい」
って教わったと思うんですけど、

 

そんなわけないんですよ。
あんなレベルで暗記させられてたら、
英語ってひたすら暗記し続けないと終わらない
言語になっちゃうので。

 

日本人の僕らも
暗記で日本語を勉強してきたんじゃなくて、
しっかりルールを自然な形で
覚えてきたわけですよ。

 

じゃあ、僕らなんでこの
I my me mine you your you yoursを
覚えさせられてきたかというと、

 

そのIとかmyとかmeとかmineっていう単語が、
入る位置で変わるからですよ。

 

だって英語は位置の文化です。
位置の言語です。
位置が意味を決めてくるわけです。

 

例えば、僕だったら母親からは
「息子」と呼ばれるわけで、
甥っ子からは「おじさん」って呼ばれるわけで

 

弟がいるんですけど「お兄ちゃん」
って呼ばれるし、
父さんからは、まあ「息子」ですかね。

 

誰の視点から見るか、
どの位置にいるかによって呼ばれ方が違うのは
ごくごく当たり前の、
日常から起こってることで、

 

それが英語っていうのは
言語に反映されてるわけですよ。

 

例えば「~を」っていうのは
僕らの言い方で言うと
「何をゾーン」ですよね。

 

「何をゾーン」に入る時には、
Iっていうのはmeに変わるんですよ。

 

「You like me」とは言えるんですよ。
「You like me」は言えるけども、
「You like I」とは言えないんですよ。

 

いわゆる位置が「~が」とか「~を」とかを
決める以上、ここの「だどなつ」の「な」の
ゾーンに入るときには、

「You like I」のIじゃなくて、
meを使いましょうねっていう、

 

「~を」っていう場所に座るためには、
Iちゃんはmeちゃんっていう服に
着替えないといけないんですよ。

 

なんでじゃなくて、
なんでっていうのは
位置がそうさせてるからです。

 

だから、暗記するの大事なんですけど、
なんで暗記させられてるのかっていうの
考えないと意味がないわけです。

 

暗記するなって言ってるわけじゃなくて、
暗記はしてもいいんですけど、
なんで暗記させられてるかっていうのを
しっかり理解しましょうということです。

 

最初の話に戻りますけど、
なんでこういうの暗記させられてるのか
っていうのを、
ちゃんと理解して覚えてる人っていうのは
しっかり伸びます。

 

そんな感じ。「~の」って言う時は、
「You have my pen」って言いますけど、

「You have mine pen」とか、
「You have me pen」
とか言わないわけですよ。

 

なぜかというと、「~の」って言いたい時には
Iはmyに変えましょうねっていう
ルールがあるんです。

 

「~のもの」っていう時には
mineに変えましょうねっていう
ルールがあるんです。

 

場所によって着る服が違うので、
だからこそこういうI my me mineって
覚えましょうっていう話だったわけですよ。

 

はい。じゃあ次です。最後。
第5文型っていうのです。

 

YouTubeでよくやってると思いますし、
塾とか特にやってると思いますね。

 

何かというと、第1文型ってのはS+V。
第2文型ってのはS+V+CでS=Cだ。
第3文型S+V+Oで、
第4文型はS+V+O₁+O₂で、
第5文型がS+V+O+Cって
覚えさせられたと思うんですけど、

 

僕今こんな喋ってるけども、
覚えてないですよ常に。
こういうことは覚えなくていいんですよ。

 

じゃあなんでこんなことが
決まってるかというと、言いたいことは、

 

英語はこの5つの文型で始まるので、
型を覚えましょうってことじゃないんですよ。
だって覚えられないじゃないですかこんなん。

 

じゃなくて、英語は大体SとV、
SとV、SとV、SとV、SとV。
SとVって何かというと、主語と動詞なんです。

 

主語と動詞、主語と動詞、
主語と動詞、主語と動詞、
その他もろもろあるけども、

 

結論「英語は大体主語と動詞で始まりますよ
ってことが言いたかったんです。

 

じゃあ残りのO、CとかO₁とか何かと言うと、
残りはインタビュー感覚でです。
聞いていきましょうよっていうことですよ。

 

結論を言った後に、例えばですよ?
I eatはい。「私が食べるよ。」
っていうのを言ったあとです、
残りインタビュー感覚で、

 

「誰と食べたの?」with my friend
でも何を食べたか分かんないです。

 

I eat mangoes with my friendsはい。
どこで?セブで。いつ?yesterdayにして、
これを「食べた」にしましょう。

 

I ate mangoes yesterdayです。
なんで?Keeping healthどうやって?
by hands、手で食べたよ。

こんな感じで、
英語っていうのは思い浮かぶまま、
残りはインタビュー感覚

 

「誰と?どこで?何を?いつ?
なんで?どれくらい?」

 

っていうのを、思い浮かぶままに自然に自然に
ルール通りくっ付けていくだけなんですよ。

 

だから英語って実はこんだけ文章が
長くなっても意外と規則通りなってるんですよ。

 

見ていきましょうか?
「私は食べたよ。」誰が、どうしたを
言っちゃったら、

 

あとは、何を、手で、友達と、セブで、昨日、
健康維持のためにって、文章長くなっても
意外と規則通りに読めるんです。

 

なぜかというと修飾する内容が
ちゃんとその前にあるんですよ。
修飾する内容ってのは、
「マンゴーを手で食べる」「友達とセブで」

 

ただ、日本語っていうのはそうじゃなくて、
長くなればなるほど外国人が
理解できなくなるんです。

 

なぜかというと主語と結論の間に、
押し込むだけ押し込んでもOKって言う
文化なんですよ。

 

例えばですよ?
「僕は昨日、フィリピンセブ島で
お風呂を作ろうと思ったんだけども、
それは不可能と思ったのかもしれないけども、
でもやっぱりやってみたいから、
けどやっぱやめとこうかなって、
結局今悩んでる」っていう

 

「私は悩んでる」って言う主語と結論の間に、
押し込むだけ物語を押し込んでもOK
っていうのが日本語ですよね。

 

外国人からしたら超難しいわけですよ。
「いつになったら結論が分かるんだ?」

 

皆さんも今聴いてどこが結論か分かんなかった
と思うんですけど、
それが日本語なんです。

 

なので、今日は日本語と英語の違いってのを
見てきましたけど、どうでしたでしょうか?

 

簡単にまとめていくと、
日本語と英語ってのは決定的な違いがあって、
日本語ってのは、

 

助詞が「~が」とか「~を」とか
そういう助詞が文章を形作ってる

 

だからこそ、ぐちゃぐちゃな順番でも
通じるんだけども、
英語っていうのは位置が決めてるから、

 

ぐちゃぐちゃじゃダメだよと。
で、ぐちゃぐちゃじゃダメって言うことは、

 

I my me mineみたいな感じで、
場所によって単語が変わるものがあるんで、
変わるものを覚えて行かないといけない
ということだし、

 

じゃあ前置詞って何かというと、
そういう追加情報ゾーンです。

 

単語をタラタラ追加していくんじゃくて、
withとかonとかinとかっていうのを
加えることで、

 

これから「~に」とか「~とか」分かるように
ヒントを与えるよっていうサインを出した上、
好きな単語を繋げていくっていうことが
大事になってくるわけです。

 

そして最後やったのか
第1文型、第2文型、第3文型、
第4文型、第5文型

 

覚えるんじゃなくて、言いたいことは、
英語っていうのは
主語と動詞て始まりますよ
ということです。

 

そして。あとはインタビュー感覚
聞いていきましょう。
そういう風な言語なんです。

 

そしてここが大事です。
コメント欄に気づきとか学びを
必ずアウトプットしましょう。

 

動画見るだけってのは勉強したつもりです。
コメントを書くとか、そういうことを通じて
頭にインプットできますし、

 

書いてみるっていうのは、
ある意味人が見てるっていう事なので、
あんまり適当なこと書けないんですよ。

 

てことはちゃんと動画もう1回見ようと
思いますよね?

 

だからこそコメント書くと、
いい意味でアウトプットができて、
いい意味でちゃんとインプット
できるんですよ。

 

はい。ここまでやって
本当に成長できると思います。

 

そしたら、この動画は以上にになります。
ちょっと長くなっちゃいましたけど、
どうでしたでしょうか?

 

それでは今日の動画は以上になります。
それでは。