【Vol.37】一瞬でバレる、暗記型人間の悲惨な末路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、
「ややこしい前置詞は日本語訳ではなく
イメージ化で覚えよう」

 

というテーマで
やって行きたいと思います

 

この記事の内容を
実践する事で
・toward
・without
・within
・since

 

こういった
知ってる人は知ってるかも
しれないですけど

 

こういうマイナーな
前置詞です

 

まあめちゃめちゃ使うわけ
じゃないけど使いこなせると

 

すごく役立つような
前置詞なんですけど

 

こういうのって
暗記しちゃってる人
どうやって暗記しているかと

 

日本語訳で暗記
しちゃってるんです

 

こうやって

“toward”
・~の方へ
・~何とかを指して
・~~の方を向いて(いる)

 

こういう風な
日本語訳で覚えちゃってると

 

“without”もそうです

“without”も
・~なしに
・~なく
・~なければ
・~せずに

とかって 
日本語訳で覚えてる

 

例えば”within”は
・~以内で
・~超えずに
・~の中に

とかです

 

“since”
・~以来
・~なので

とかです

 

そういう日本語訳で覚えてる
人がほとんどだと思うんですけど

 

今回はそのまさかの
日本語訳で覚えたものを

 

全部イメージ化しましたので
楽しみにしてみてください!

 

英語も全体
通して大事なのは

 

結局英語っていうのは
暗記じゃなくて理解に務努める

 

理解に努めるにはやっぱり
語源から遡ったりとか

 

なんでこういう風な単語の
意味は出てきたのかってのを
イメージ化で覚えていくって事です

 

それではじゃあ
まず見ていきましょう

 

結論からいうと”toward”これの
イメージはこういう感じです

 

 

単純に方向性の
話をしているだけです

 

別に必ずBに行くわけじゃないと
A方向からBにに必ず行くわけじゃなくて

 

まあ行くこともあるしじゃなくて
方向はそっち向かってるけど

 

Bにそのまま行っているわけ
じゃないよって時もあるわけです

 

そんな時に”toward”
っていう前置詞を使います

 

 

“without”これは
前回”with”をやりましたけど

 

“with”っていう状態から
“out”しちゃってる状態なので

 

だからこそ出てくる意味が「近い」とか
「支配関係」とか保有するとか
「使う」っていう

 

この”with”が持ってた意味
じゃないよっていう方ですよね?

 

そういう風な意味じゃなくなったよ
“out”しちゃったよっていう風な
ニュアンスで使います

 

“within”は空間的イメージと
時間的イメージがあるんですけど
どちらも「~以内」とかって訳すんです

 

なんでそんな感じになるのか
ってのがこの絵なんですけど

 

全部この”without”と
後は”toward”

 

そして今から
見せる”since”と共に

 

またこう具体的に説明
していきたいと思います

 

ちなみに”since”はなんか
こういうドミノみたいな絵です

 

 

まあこんな感じの
絵で表せるんですけど

 

何故そうなるのかっていう
理屈の所を今から見ていきましょう

 

まずは”to”と”toward”です
“to”のおさらいですけど

 

 

一方的に向かってたどり
着く到着点の事を言いました

 

A地点からB地点に行くときの
このB地点の話をしました

 

決して”to”は「~ へ」とかって
日本語訳で表すんじゃなくて

 

Aっていう地点から一方的に
向かってたどり着く到着点はBだよ

 

まあちなみに”to”って
いうのは”will”と同じだよ
みたいな話をしましたけど

 

Aが向かって辿り着く先がBだよ
そんな話をしました

 

だからこそ”I will go to Cebu City”
「私はセブ市内に行くよ」
セブ市内へって訳すんじゃなくて

 

別に間違ってないんですけどね?
間違ってはないんだけど

 

セブ市内へって訳すんじゃなくて
私は行くよ、一方的に向かって
たどり着く到着点は“Cebu City”だよ
セブ市内です

 

そういう風な意味合いになります

 

って事は言ってることは
「セブ市内に行く」って事なんですよ
そこは確定しているんですよ

 

そういう風な時に”to”を使いますが

 

じゃあこの”toward”って言う時は
どういう風に使うかって言うと

 

 

絵はこの絵です
単純にその方向性の話が
こっち向いているだけで

 

例えばこの
“I will go toward Cebu City”

 

「私は”Cebu City”の方へ
向かって行ってるよ」って
訳すんですけど基本的には

 

ただまぁ左から戻らずに訳すと
私は行くよと方向性としてはね
そっちの方向なんだよ

 

どっちの方向?セブ市内の方向だよ
そんな感じで訳します

 

言ってることはその単純に
そのまま方向性の話をしてるだけで

 

セブ市内に行く
可能性もあるんだけどまあ

 

基本的にはセブ市内に行く時は
もう”to”使えばいい話なんで

 

この”toward”使う時は
セブ市内に行くと言うよりも

 

その辺の周辺の近くの行ってる
方向はそっちなんだけどまあ

 

セブ市内じゃないかな
みたいな感じの所に行くわけです

 

そういう可能性が高いような時に
“toward”っていうのを使います

 

はい次行きましょう!
次は

 

また似たような”with”と
“without”と”within”です

 

この3つの違いを
見ていきたいと思います

 

まずは”with”の理解が
ついてきてないといけないので

 

前回やってきたこのwithを
見ていきたいんですけど

 

withというのはこういう感じで

 

 

文章の中にこの”with”を
そのイメージで置き換えて
理解していきましょう

 

決して~と一緒に
じゃないよって話をしましたけど

 

このまあ掴んでる
イメージですよね?

 

思い出してください
語源っていうのは
基本的に離れた状態から
スタートしているんだよと

 

 

一緒に訳すからむしろ最初から
一緒だったんじゃないかと
思う人も多いと思いますけど

 

それは近づいた過程で
関係性が生まれたから
一緒にとかっていう系の
訳が出てきたわけで

 

最初は離れた状態から
スタートするってのが
“with”の語源の話でした

 

だからこそ離れた状態が
近づくからこそ関係性が生まれて

 

だからこそ良い関係も
あったり。悪い関係もあったり
人と人だったら支配する
関係があったりとか

 

物だったら
「保有して使うんだよ。所持して使うんだよ」

 

みたいな意味が出てくるって話を
しましたけど覚えていますでしょうか?

 

そんなwithなんですけど
じゃあ今回やっていく

 

この”without”
っていうのは

 

「~なしで」とかって日本語訳で
覚えちゃってる人が
ほとんどなんですけど

 

なんでそんな訳になるのか
って所を見ていきたいんです

 

絵はこんな感じです

 

 

まあなんとなく
その通りです

 

“with”だったものから
“out”するんですから

“with you”だったら
“you”が”out”する んですから

 

“with”のイメージから
“out”してるイメージです
もうこの通りです

 

って事は“with”の持ってた要素
持たなくなったって事なんですよ

 

withの要素ってなんですか?
「近い」んですよね?
「接近する」んですよね?

 

離れた状態から
接近するんですから
近いっていう風な
ニュアンスがありましたね

 

そういう近くないんだよ
って話なんですよ

反対です

 

「支配してないんだよ」と
「保有していないんだよ」と
「使わないんだよ」
という意味になるんですよ

 

だから「~無しで」とかって
訳す人がほとんどなんですけど

 

例文見てみると
“We can’t live without eating food.

 

私達は生きれないよ
“without food”というと
“food”持ってる状態です

 

 

“food”があった状態が
無くなるんですから

 

そりゃ生きれないですよね

 

この”with”のイメージが
あれば、それじゃなくなって
“out”したんですから

 

基本的には”food”
無しになっちゃったら
そりゃ生きれないですよね?

 

なのでやっぱり
これは「~なしで」って
訳で覚えるんじゃなくて

 

絵でこの”without”のこの絵を
文章に当てはめて考えてみると

 

 

そうすれば左から戻らずに
イメージが出来ますね

 

はい次はです
今度”with”と”in”がプラスになった

 

“within”っていう
単語を見ていきましょう

 

withinっていうのは
「~以内」とかって覚えてる
人がほとんどだと思うんですけど

 

まあこの”with”っていうね
その掴んでるっていう

 

イメージの物と”in”
空間的なイメージの”in”は

 

こういう囲いでした
二次元とか三次元の
囲いの中って話をしました

 

 

囲いだったら出たり
入ったり出来そうですよね?

 

あの3次元的な空間に囲まれた
ような状態なんですけど

 

“with”っていうのは掴んでて
なんか動けない感じでしたよね
掴んでいるから

 

 

支配関係なんです
掴めて動けない状態で
閉じ込められているって事は

 

結構なんか
出れそうにないですよね?

 

だから出れそうにないって事は
その中で物事が起きちゃうので

 

例えば「~の中で」とか
って意味になってくるわけですよ

 

それが時間だったらですよ
時間だったらもっと

 

このイメージと”in”のイメージは
時間的なイメージはこうでしたよね?

 

 

横軸の時間の中を
囲んでくださいと言った
こういう感じになりますよね?

 

時間を囲えって
言われたらこうですよね?

 

例えば
“see you in 10 minutes”
って例文ありますけど

 

 

これはコップの水で例えた時に
この0分からコップを溜めていって

 

10分後に貯まるから
ここの話をしているんだよ

 

“in”っていうのは10分後の話
してるんだよって話をしましたけど

 

って事は10分以内とかって話が
できないんですこの”in”だと

 

それをやってくれるのが
この”within”です

 

“within”くんってのは
さっき見たみたいに

 

この中でしっかり
握られてるので出れないです

 

支配関係があるんですよ
保有されているんですから

 

そこにインしてるって事は
“in”ってのは囲いです

 

囲いの中でもしっかり握られている
って事は簡単に出れない
って事は
「~以内」になるわけです

 

例えば時間で言うと出ようと
頑張ってると思ってください

 

「出たい出たい出たいけど
出れなくて10分経っちゃった」
こんな感じです

 

この10分以内の話をしているわけです
頑張ってる姿です

 

その辺の話をしているわけです
だから「10分以内」とかっていう風に
訳せます

 

 

こっちは出れますよね?

 

10分後にワンチャン
水注ぎ続けたら
出れますよね水が

 

 

こっちは出れないんですよ
“within”はそれぐらい
強く収まってる感じです

 

最後見ていきましょう!
今度”since”です

 

“since”はこれはまあ接続詞
とか前置詞で使えますけど

 

なんと基本イメージは
ドミノです

 

 

皆さんドミノやった事
あると思いますけど

 

ドミノって基本的に
最初の1個を倒せば

 

あとのやつがだ~~~って
倒れるじゃないですか
あとのやつが倒れるじゃないですか

 

アレほっといてもずっと倒れていきますよね?
綺麗に並べたら

 

って事は最初の
その1つ目の赤い所が
“since”なんですよ

 

ちょこっと触る所
あそこが”since”
だと思ってください

 

でもsince1回ちょこっと
やっちゃったらずっと倒れますよね?

 

そこまでのニュアンスを
含むわけですよ”since”ってのは

 

最初に1つ目の
ドミノを倒したっていうことが

 

だからこの赤色が
原因でずっと続くんだよ

 

だからこそ例えば「~なので」
とかそういう訳が出てくるわけですよ

 

sinceは「~なので」とか
「~以来」って覚えてた人はこういう
ドミノだったんだっていう所を

 

理解するだけでも
楽しくないですか?勉強が

 

例えば例文見てみましょうか

I have been busy
since I started TPE in 2020.

 

私は”I have been”です
現在完了形です

 

busyだったんだよ
“since”は「以来」って
訳すんじゃなくて

 

まあ~以来なんだけど
ドミノを叩くイメージです

 

ドミノ叩いたよ
その叩いた時に”I started TPE”

 

このTPEっていうオンラインサロン
始めた時がここなんですよ

 

 

そっからずっと
自動で倒れていくんで

 

まあ「ずっ~と忙しい」ってことです

 

そう思ったら”since”って
凄くシンプルですよね?

 

はいそうしたらまとめに
入っていきましょう

 

今回は結構シンプル
だったかなと思いますね

 

なんか今までの”with”とか
“to”とか今までのイメージが
頭に残ってない人は

 

もしかしたらまた
難しかったかもしれませんけど

 

ちゃんと積み重ねが
効いている人ってのは

 

「あっそりゃそうだよね!」
っていう感じで聞けたと思います

 

英語学習ってのは本当に
全部繋がってくるので

 

少しでも苦手なものがあったら
ちゃんと質問してください

 

わかんない所を潰していきながら
どんどんどんどん頑張っていきましょう!

 

towardっていうのは
単に方向性の話をしているだけで

 

A地点からB地点まで

 

 

こう行くって可能性もあるし
まあちょっとそれながらです

 

その近くのところに行く可能性も
あるよという時に使いますよ

 

“without”というのは”with”の
イメージじゃない方なんで

 

 

こういう風なイメージを
持っていますよとか

 

 

“within”ってのは「~以内」って
訳すんだけど何でですか?

 

それはwithっていう
そのしっかり握った状態の中に
閉じ込められている状態だからですよ

 

sinceってのは「~以来」とか
「~が原因で」とかって訳しますけど

 

 

あれなんですか?
あれはドミノだからですよ

 

今回はそんな話をしてきましたが
いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事は以上となります
お疲れさまでした

 

また次回の記事でお会いしましょう!
それでは~