【Vol.40】「一つ頭の抜けた存在になれる」人だけ知っている以外な前置詞4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は
「なんとついにあの方が登場です」
というテーマでやっていきたいと思います

 

ぶっちゃけ今回の記事は
今までの中で1番シンプルで

 

そして分かりやすく
むしろ知っているもの
多いかもしれませんので

 

今回はまあ、つまらない人は
つまらないかもしれないので

 

今回はサプライズで
1つ用意しているので
楽しみにしておいてください

 

この記事の内容を実践する事で
比較的使用頻度は少ないけれども
知っておけばすぐに使える前置詞とか

 

っていうのを
学んでいきたいと思います

 

結論から言うと
今回やっていくのは

 

・anti

 

 

 

・versus

 

 

 

・via

 

 

 

・past

 

 

この4つの前置詞になります
なんとなく”anti”とか
あとは”versus”とか”via”とか”past”

 

この辺聞いた事が
あると思うんで

 

まあちょっと見ていきましょうかどんどん

 

まず”anti”からです
“anti”というのは

 

こういう絵の感じで
まあ「アンチ」って言いますよね日本語でも

 

 

「YouTubeにアンチが湧いた」
とか言うと思うんですけど

 

antiを名詞で使う時は「反対する人」
形容詞の時は「反対の」とか
っていう形容詞で使います

 

今回前置詞で使う時は
[~に反対で」とかっていう意味で
使うんですけど

 

例えばこんな感じで使います

 

まず僕が読んでみます
その後にスペシャルゲストに
読んでもらうので行きますね?

 

A lot of people are anti accepting
foreigners from countries
having high cases of COVID-19

 

という事で
どうでしたでしょうか?

 

男の人は男の子からまあ男性から
発音を学んだ方がいいですし
女性は女性の人から
発音を学んだ方が良いので

 

ちょっと、タイミングに
よっては一緒に撮れないんですけど
タイミングが合えば女性の声も
こんな感じに入れていこうと思います

 

次です。ちなみに
この”anti”っていうのは

 

アメリカ英語だと「アンタイ」
イギリス英語だと「アンティ」になります。

 

はいじゃあ次行きましょう

 

今度”versus”です
これは”versus”って読み方よりも
「VS」の方が日本人には馴染みが
あるかもしれないんですけど

 

A対Bって事です
「AとBが戦っているよ」って時に使います

 

 

はい例えば
Japan versus Philippines とかです

 

はい、もう1個は
I look forward seeing
the soccer game of
Japan versus Philippines in the future.

 

こんな感じになります
まあこれはなんとなく大丈夫です

 

はい次行きましょう
今度”via”です

 

これはよく「~経由で」とか
例えば「大阪経由で」とか
「東京経由で」とか

 

そういう飛行機とかの
時によく使うんですけど

 

例えば、これ飛行機とか「~経由で」って
以外の意味でもよく使うので

 

まあこのイメージを覚えて
いただきたくて描いてみたんですけど

 

viaのイメージはまあこの絵の通り
ボールがバウンドしている感じです

 

 

「大阪経由」とかって使う時はどっかから
スタートして「大阪経由”via”してから
どっか違うとこ行くよ」っていう

 

そういう風なイメージで
覚えてみてください

 

そうすると”via”っていうのが
飛行機とか乗り物以外で使いたい時も
意味が分かってくると思います

 

ちなみに何故サッカーボールに
したかというと今日たまたまです

 

フィリピンのセブ島で
サッカーボールを買ったんですよ

 

だいたい1200円ぐらいです
日本人は買わないだろうなって
思う様なデザインです

 

なんかかっこよくない
サッカーボールを買ったんですけど

 

その話は置いておいて
Please reply to me via email.

 

こんな感じです
これも発音はアメリカ英語だと
via(ヴィア)になりますし

 

イギリス英語だとvia(ヴァイア)
になるそうです

 

今僕らはアメリカ英語を
学んでいるのでvia(ヴィア)で
いいと思います

 

じゃあ最後です
今度は”past”っていう単語を
見ていきましょう

 

“past”これはこの絵の通りで
何かが通り過ぎた様子を表しています

 

 

なので「過ぎ去った過去」って感じですかね

 

「通り過ぎる」って事は
過去の事ですもんね

 

なのでよく過去で使います

 

形容詞で使うときは「過去の~」
名刺で使うときは「過去」って
意味になりますし

 

今回の前置詞で使う時は
「~通り過ぎて」とかって
意味で使います

 

まあこういう訳で覚えなくて
こういう状況を思い浮かべてください

 

例えば
I ate lunch at half past 11.

 

「私は食べたよ、ランチを」

“half”
時間の事を”half”っていう時は
これ30分って事です

 

何が30分かというと
“past 11”
「11」を「過ぎ去った過去」で30
って事は11時半です

 

時間は進むので「30分過ぎ去っている」
って事は11時半って事です

 

I ate lunch at half past 11.
っていうと
「11時半に飯食ったよ」
って事になります

 

はい!そしたら今回の復習に
入っていきたいと思います

 

今回は”anti”と

 

 

あとは”versus”

 

 

そして”via”

 

 

“past”

 

 

この4つを
学んできましたけど
どうでしたでしょうか?

 

これは絵も
分かりやすいですし
意味もすごく単純なので

 

特にこの時間で
“past”使う時には

 

時間は過ぎ去っていくものなので
そこだけ間違えないようにしてください

 

あとは発音はアメリカ英語で
覚えましょうね

 

“via(ヴィア)”とか”anti(アンタイ)”とかです

 

これはアメリカ英語で
覚えたほうがいいと思いますので
頑張っていきましょう!

 

はい!それでは
今回の記事は以上となります

 

お疲れ様でした!
また次回の記事でお会いしましょう

 

それでは~