【Vol 48】絶対やるな、いつまでも「can」を「できる」と訳している人の特徴【限定公開動画】

今回は
【絶対やるな】 いつまでも
「can」を「できる」と訳している人の特徴
というテーマでやっていきたいと思います

 

この動画の内容を実践することで
canの過去形はcouldだから

 

“Could you give me the pen?”というと
「ペンを取ってくれましたか」とかって

 

変な文章で訳しちゃう
そんな間違いを
防ぐことが
できるようになります

 

canと”be able to”これは
よく質問で来るんですけれども

 

どっちとも「できる」って
意味なので違いはありますか?

 

っていう質問が結構あるんです

 

これはcanもbe able toもどっちも
「できる」なんだけども

 

そのニュアンスが
ちょっと違うんですよ

 

という話をしていきたいと思います

 

何故かというともし
これcan と be able to

 

意味一緒だったらそもそも
言語として
今2つとも同時に
残ってないはずなんですよ

 

前置詞の時も話しましたけど

 

必要でないいわゆる意味が
ぶっちゃってるような単語とか

 

っていうのは淘汰
されていくんですよ

 

洗練されていくので
残っているということは

 

意味がちょっと違うわけです

 

今回はそんな違いを
見ていきたいと思います

 

結論から言うと
couldっていうのは

 

 

 

 

本当にcanの過去形
として「できた」っていう

 

過去のことを
言っている場合もあるし

 

 

謙遜の意味を持っている事もあるし
自信のなさを表すときにも使う
という風な話をしていきたいと思います

 

そしてcanというのは
「いつでも実現可能な能力」として使われる
ことが多いのに対して

 

まずcouldっていうのは
canの過去形です

 

canの過去形が本当に過去の
ことで使われる時には

 

いつでも実現可能な能力だったんだけど
みたいな話をする時に使えるわけです

 

そして be able to これは
いつでも実現できる能力というよりは

 

「なんかできちゃった!」
みたいな、そんな感じの時に使います

 

はいじゃあ詳しく見ていきましょう

 

まずは、謙遜と自信のなさのcould
から見ていきたいと思います

 

couldってのはcanの過去形ですよ

 

ってことはcouldって「できた」って
意味なのかというと確かに

 

そういう意味で使う
こともあるんですけど

 

こっちで使うよりも
実はもう一個の意味

 

使われることの方が
ほとんどということです

 

じゃあそこのもう一個の
意味ってのを見ていきましょう

 

現在形ってのは現在のことで
過去形ってのは現在との距離感
ことだっていう話を

 

前回までの動画でやりましたけど
覚えてますでしょうか?

 

英語でいう過去形ってのは
本当に過去のことっていう
時もあるんだけれども

 

結構なパターンで過去形って
いって現在との距離を表すという
風な捉え方をすることが多いと

 

つまり過去というのは
距離が遠いことなんです

 

 

現在よりも距離が遠い所に
あるものを過去って言うわけです

 

なぜなら過去っていうのは
過ぎ去っていくものなので

 

良いですか?じゃあ次です

 

canもchouldも助動詞です
助動詞覚えていますか?

 

助動詞というのは
話し手の考えでした

 

話し手の考えというと

こういう風な「〇〇したいな~」
「〇〇する予定なんだけどな~」
「〇〇できるかな~」とか

 

 

こういうことを話し手の
考えと言いました

 

じゃあ過去形にするという
ことは距離を作るんです

 

今から距離を作るということです

 

ってことはそれが
助動詞に当てはまると
どういうことになるかというと

 

助動詞、いわゆる話し手の考え
話し手の考えに距離が加わった

 

どうなりますか?

 

心理的な距離が生まれますよ
心の距離感です

 

心の距離感いつ使えますか?っていうと

 

一つは人を尊敬したりとか
敬ったりとか

 

例えば僕とかが年上の人に
「お前ふざけんなよ、こら」
とかって言えませんよね

 

「それ取れよ」とか言えないです

 

「取ってください」とか
「取ってくれませんか?」とか
って言いますよね

 

こういうのって謙遜って言いますけど

 

こういうのが英語にはなくて
couldとかcanを過去形にしたりとか
そういう助動詞を過去形にする

 

いわゆる話し手の考えを意味する
助動詞を過去形にすることで

 

考えに距離が生まれる
だから心理的距離が生まれる

 

だからこそ人と人の関係だったら
謙遜の意味が生まれるっていうことです

 

何故かっていうと英語というのは
日本語と違って上下関係ではなくて

 

横との距離感でその人と
人との関係性を表すからです

 

距離が遠いほど尊敬しているよ
謙遜しているよって意味になるわけです

 

だから”Could you help me?”っていう
のは「あなたは私を助けましたか?」

 

じゃなくて「手助けしてくれませんか?」
っていう謙遜の意味なんです

 

はい、ではもう一つあります

 

助動詞、いわゆる話し手の考えに
距離が加わることで.心理的な距離が
できるから一つは謙遜の意味ができます

 

もう一つは自信のなさです
絵にするとこんな感じです

 

 

簡単に言うと自身のなさを
バロメーターにしたみたいな感じです

 

例えばこの二人(ウサギと恐竜)
の距離感は近いですよね?

 

近いということはcanです
距離が遠くなっていく程

 

 

これは過去なのでもしかしたら
このcouldは

真ん中より左かもしれないし
もっと左かもしれないし
端っこかもしれないですけど

 

とりあえず距離が長い遠い方が
自信がないってことです

 

メーターが長い方が自信がない
っていうことです

 

なぜかというと距離が開けば
開くほど、過去形になればなるほど

 

自信の無さってのを表すことが
できるのが英語の表現方法だからです

 

例えば”I wish I could go with you.”

 

というと行けるかもしれないって
いう「行けたかも」じゃなくて
行けるんだけども

 

その行ける可能性が自信が
そんなにあるわけじゃないよ

 

ってことを表現してるわけです

 

このcouldだけ見てcouldは
canの過去形だから行ったんだ

 

行くことができたんだって話じゃなくて
この現在の話をしているんですよ

 

現在の気持ちとして考えとして
ちょっと行けるからわからないなぁ
みたいな事を言っているわけです

 

これ、すごい違いですよね?

 

これcouldをcanの過去形
って単純に暗記してたら

 

こういう考え方に
行き着かないわけです

 

大事なのはこの話し手の
考えを占める助動詞が過去形に
なった時には距離が加わったら

 

心理的な距離が出てくると
心理的な距離が出てくるからこそ

 

謙遜したりとか、自信のなさを示したり
することができるよということです

 

はい、ということで話し手の考えの
助動詞を過去形にすると本当に
過去の話もすることができるし

 

謙遜することもできるし自信のなさって
いうのも表せるんだよということです

 

なので言ってしまえば特と場合に
よって異なる意味で使えちゃうので

 

それこそI could do itっていうと
これだけだと本当にできたよって

 

・過去の話をしてるとか

・「できます」って
謙遜しながら言ってんのか

・「できるかもしれません」って
言ってる自信のなさを言っているのか

 

これだけじゃわからないんですよ

 

やっぱ前後関係とかもうちょっと
誰が、どうして、何を、追加情報で
もうちょっと情報を足してあげるとか

 

そういうことをしないとうまく
伝わらないのがcouldの面白いとこ
でもあり難しいところでもあります

 

はい、そしたら次は
できちゃった婚の be able to

 

これやっていきましょう

 

はい、今度は
couldを本当にできたっていう
その過去のできたっていう

過去の「できた」できてないの
「できた」って話で

 

そういう時に使うやり方を
見ていきたいと思います

 

そうするとcouldなのか
be able toなのかって
話になってくるわけです

 

じゃあこのできたっていう時は

 

couldよりもbe able toを
使うことが多いんですよ

 

なぜかというとcouldにしちゃうと

 

さっきみたいに時と場合に
よっては3つの異なる
イメージになっちゃうんで

 

だったらもうわかりやすく
そういうイメージを持たない
単純にbe able toを使おうと

 

「できた」だったらbeがwasに
変わりますよね?時制が

 

なので”I was able to meet him.”
というと「彼に会えたよ」って
ことなんですけど

 

なぜこれ”I could meet him.”よりも
“I was able to meet him.”が
使われるかというと

 

わかりやすい方を
使おうということです

 

意味が一つしかない方を使った方が
良いんじゃないかということです

 

なんでwasはcouldみたいに
wasも過去形みたいに過去形なのに

 

なんで距離感ができないのっていうと
距離感ができてるんだけども

 

大事なのは距離感だけじゃなくて
そこに何が加わるんでした?

 

距離感に話し手の
考えがプラスされることで
心理的な距離ができるんでした

 

話し手の考えってなんですか?
助動詞ですよね?

 

wasはなんですか?
beはなんですか?

 

あれ?このbeって助動詞って
習いませんでしたか?この前

 

それこそbeとdoが一番
助動詞っぽい活躍をしている
じゃないかって話をしましたね?

 

見てください

 

今beの話はしてないですよ
wasの話をしてます

 

beもwasも変わらないじゃないか!

 

これは学習不足です
beとwasは全然違います

 

beは原型です

 

ということはまだ
動詞になってないんですよ

 

まだ息を吹きかけられない状態です
だから文章の中に入ってないんですよ

 

wasって状態になってやっと
息を吹きかけられてるんで

 

このwasってのは
普通の動詞です、be動詞です

 

なので別にそういう助動詞みたいな
その人の考えとか話の考えが
入ってるわけじゃないので

 

それを別に過去形にした
所で距離はできるけれども

 

心理的な距離はできないということです

 

だから別にこういう風な意味が
分かれたりしないということです

 

だから結論から言うと
過去のことはだいたい

I was able toを使った方が
言いやすいかなということです

 

そしたら今度canの語源に
さかのぼってみましょう

 

canの語源っていうのは
「知る」っていうのを意味する

 

・cunnnan

こういうなんていうのかわからない
ですけどこういうやつです

 

ちなみに語源とか
気になったら全部例えば

 

「can 語源」とか調べたらいっぱい
出ますので是非見てみてください

 

canっていうのは「知る」を意味する
この単語のことだったんですよ

 

ってことは知るからこそできるんですよね?

 

なんでもそうですよね?
皆さん何か知ってできるようになるわけです

 

英語もまず知ることが大事

 

こういう知識、文法知識
すべてを知ることが大事でそれから
できるって状態になるわけですよ

 

でも例えば僕もそうですけど
もう1回喋れるようになっちゃうと

 

ほんとそんな事故とかしない限りは
この能力はなくならないはずなんですよ

 

急に明日の朝起きたら
「やばい!急に英語喋れなくなった!」

 

ってことは多分ないです
ということは一瞬でなくなることは
まずあまり考えられない

 

ってことは逆に言うと
ある程度その能力は続くはずなんですよ

 

だからcanというのはどっちかというと
いつでも何回でも思った時に実現可能な能力

 

と言い換える
ことができるわけです

 

じゃあbe able toってのはそういう
canみたいないつでも実現できる

 

というよりもどっちかというと
「あ、できちゃった!」みたいな感じです

 

だから「できちゃった婚」って
名前にしたんですけど
この方が覚えやすいかなと思って

 

できちゃった感があるんですよ
いわゆるそういう能力的な話ではない
ということです

 

例えば僕がですよ?
「今急に英語できちゃった」とは言わないですよ

 

まあ英語を教えている以上 急に
今回英語ができるようなった訳ではなくて

 

普段からいつでも
実現可能な能力なわけですよ

 

だからI can speak Englishって
言うならわかるんですけど

 

僕がいきなり
I am able to speak Englishっていうと

 

「あれ?いつでも
できるわけじゃないんだ…」

 

「たまたまできちゃったんだね」
って思われちゃうわけですよ

 

これ全然違いますよね?
このcanとbe able toの違い
分かりましたか?

 

全く違うわけですよ

 

で、そうなってくるとcouldです

 

今度couldってのはcanの
過去形って話をしましたけど

 

canの過去形っていうことは
「いつでも実現可能な能力だったよ」って
話をしているわけです

 

ってことは「今はそうじゃないのかな?」
みたいなニュアンスが残るじゃないですか?

 

だからそういう残すぐらい
だったら今be able to使った方が
わかりやすいよねって話です

 

じゃあ例えば
“Could you speak English?”と言われて

 

僕が”Could you speak English?”と
言われてYes I couldと言っちゃうと
答えられた人は

 

「あれ?今までは出来ていたけど
今できないのかな?」
みたいなそんな感じで思われちゃうんですよ

 

だってcouldってのはcanの過去形なんで

 

できるよ!っていうその自信が
あるのが過去にそういう事があったけど

 

今はわかんないよって
事になっちゃいますよ

 

能力は今はしならないけど前は
あったよみたいな話になっちゃうので

 

ちょっと受け答え的には変なんですよ

 

“Could you speak English?”
と言われたら

 

“Yes of course!”と答えます

 

じゃあ今度can見ていきましょう

 

これはだから
“Can you speak English?”でも
“Could you speak English?”

 

でも良いわけですよ

 

could youにした
方がどっちかというと

 

相手に対して謙遜の意味を
持った上で説明できますね

 

“Could you speak English?”と
聞かれて“Yes I can” って答えられます

 

「英語話せますか?」

「はい、自信を持っていつでも
実現可能な能力として話せますよ」
ってことです

 

だから”Yes I can”
と答えるべきなんですよ
Yes I couldよりは

 

もしこのcouldがさっきみたいな

 

 

この自信のなさの
現れとかに使うんだったら

 

それは確かにちょっと
合ってるかもしれないです

 

でも自信がないわけでは
ないので多分使わないです

 

基本的には
“Yes I can”で良いと思います

 

逆に言うと英語まだ得意じゃないけど
でもしゃべれないことはないと

 

ちょっと簡単なことは喋れるけど
パーフェクトではないよ

 

という時には
なんと答えたらいいかというと

 

“Can you speak English?”とか
“Could you speak English?”
と言われたら皆さん

 

“Yes I could”ととりあえず答えるんですよ

 

そしたら
“Yes I could I’m still studying.”

 

っていうと
「あ、今この人は勉強中なんだな」
って思ってくれます

 

逆にYes I canと言っちゃうと向こうは
「この人英語できるんだ」って思って

 

ぶぅあああ~って喋りかけて
くるのでそれは注意です

 

細かいことをいうとそういうことです

 

じゃあbe able toは
どういう時に使うかというと

 

“Were you able to buy our
tickets for the music concert?”

 

というと
「ミュージックコンサートの
チケット買えた?」ってことです

 

これは実現可能な努力というよりも
「あ、買えちゃった!」って感じです

 

買えたよ
今回買えたよ!
って感じです

 

だから
“Yes, I was able to buy them.”になります
別に能力とかじゃないですよね?

 

能力とかじゃなくて、単純に買えたよ
「できた、買えちゃったよ!」っていう感じです

 

じゃあ今度否定形です

 

否定形はまあもう結局
Could notも「できなかった」
was notも「できなかった」なので

 

あんまりその過去形はそんなに
どっちでもいいかなって感じです

 

そんなに変わらないです
日本語に訳しても

 

じゃあ今度は
canの未来系これは大事です

 

まあそんなにミスする人いないですけど
We will can travel after I year.とは
言えないわけですよ

 

なぜかというとwillも
canもこれは助動詞です

 

助動詞ってことは動詞ですよ

 

助動詞と動詞違うの?
って思った人は

 

もう一回助動詞の
動画を見て、記事読んでください

 

助動詞ってのは言ってる
ことはメイン動詞なんですよ
この使い方でいうと

 

ってことは動詞です

 

ってことは動詞が一つの文章に
二個以上入っちゃってることになるので

 

それは
ありえないので駄目ですよと

 

だからそういう時には
“We will be able to travel
after I year”を使いましょう

 

さっきも言いましたけどこのbeってのは
原型なので動詞ではまだない状態です

 

だからOKです

 

はい、じゃあまとめに入っていきます

 

今回はcan, could, be able to
この辺について話してきました

 

couldはできたっていう
過去の話をしてるだけじゃなくて

謙遜の意味があったり

 

 

自信のなさを表したりする

 

 

そういうところまでやってきました

 

canはいつでも実現可能な能力

 

be able toはどっちかというと
「できちゃった!」とか
「今回行けたよ!」みたいな

 

そういう時に使うわけです

 

はいじゃあ今回の記事は
以上になります、お疲れさまでした

 

それではまた次回の
記事でお会いしましょう
それでは~