【Vol.52】表情を見るだけで「ヤバさ」がわかる超重要単語 had better

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はですね表情を見るだけで
ヤバさがわかる超重要単語
“had better”というテーマで
やっていきたいと思います

 

この動画の内容を実践する事で
~すべきシリーズ 終盤に
差し掛かってきましたけど

 

この”had better”の
意味っていうのを表情で
暗記することができます

 

もう暗記といっても暗記する程の
レベルじゃないぐらいシンプルなので
もう結論から見ていきましょう

 

結論から言うと”should”と
いうのはこういう良い結果を
予想するような時に使って

 

 

 

 

 

had betterっていうのは
もう怒っていますよね

 

いかにも怒っているような
さもなければこうなるぞ!みたいな

 

そういう軽い警告や軽い脅迫を
促すような言い方だということです

 

 

 

 

 

じゃあ詳しく見ていきましょう

 

じゃあ表情化から解決
していきたいんですけど

 

“should”というのは前回
ちょこっとやりましたけど

 

“shall”の過去形でした
“shall”さんはすごく強かったですね

 

意味がすごく強いです
そんな”shall”さんを過去形に
したものが”should”でした

 

ということは過去形という
ことは現在との距離を表すので

 

過去形ってのは現在との距離が
遠いという事を表しているので

 

遠いからこそ距離が
できると距離ができると英語は
ニュアンスが弱くなるんでした

 

だから”should”というのは

 

「すべき」じゃなくて
「したほうがいいよ」ぐらいの
ニュアンスっていう話をしました

 

だからまあ表情と
してはこんな感じですね

 

 

 

 

 

「したほうがいいよ!」と

 

例えば”You should study English”
と言うと僕が生徒さんに対して

 

“You should study English”と言うと
「勉強したら良い結果が出るから
勉強したほうが良いよ」

 

そんな感じですね

 

すごいニコニコしながら
言っているようなイメージです

 

ただ今日やっていく”had better”は
もう一瞬でわかると思いますが

 

こんな顔です

 

 

 

 

 

明らかに怒っていますね

 

だけど僕が
“You had better study English”
って生徒さんに言ったら

 

「ちょっとサボり過ぎじゃないか?」と
「頑張らないと結果出ないよ」って

 

いうような顔を
してると思ってください

 

今これを見てドキッとした人は
ちょっと頑張ってみてください

 

僕の顔は”had better”に
なってないか気をつけてください

 

僕は常にですね
“had better”じゃなくて
“should”の顔をしてますけども

 

もしかしたら”had better”に
なるかもしれないので

 

“had better”の顔に
ならないようにですね
頑張っていきましょう

 

そう”had better”というのは
悪い結果を予想するんですね

 

You had better study English.
「勉強した方が良いよ さもなければ
英語を身につかないよ」とか

 

そういう軽い警告なわけです

 

まあ脅迫の時に
使う時もありますけど

 

基本的には軽い警告ですやらないと
なんか悪い事ネガティブな
事が
起きるよって示唆してるような
示唆しているんですよ

 

示唆していると思ってください
いいですか?はい次行きましょう

 

じゃあぶっちゃけまあ”had better”
“should”あと”must”やりました
“have to”もやりました

 

この辺をまあ使い分ける
だけでいうと別にこれで動画は
終わっても良かったんですけど

 

何故”had better”なんだ?
ってところ気になりますよね?

 

“should”というのは
“shall”の過去形なんだ?
という所はわかってます

 

ちょっとスッキリしたいかも
しれませんけど”had better”って
何者なんだっていう話ですよ

 

いわゆるなんで”had”なの?
なんで”have better”じゃなくて

 

“had better”なの?

 

この辺の仕組みをちょっと
見ていきたいと思います

 

“had”っていうのが
一般動詞ので”have”の
過去形ですよね?普通に考えると

 

“I have a pen”じゃなくて
“I had a pen”にすると

 

ペンを持ってたよという
過去の事実になるじゃないですか

 

現在とは違うんだよ
全く違って過去の話をしているんだよ
って話をする時に過去形使いますけど

 

ではそのhaveの過去形だと
仮定して話を進めるとちょっと
合わないことが出てくるんですね

 

それを見ていきましょう

 

例えば現在形ってのは実は
“You do have to study”ですよと

 

 

 

 

 

だからそれに”did”がついて
“do”が”did”に変わる

 

なぜかというと英語は時制が
いちばん大事なのでそこを
“do”と”did”を混合してしまうと

 

結局それは省いて
喋るのでしゃべる時は

 

そうすると時制が
わからなくなるから

 

ここだけはちゃんと
“do”を”did”に変えようね
って言って変えました

 

だからそれを”you did have to”って
毎回言うのがめんどくさいから

 

それを”You didのdid”を
“have”に付け加えて
“have”を”do”にするんじゃなくて

 

過去形をhadになるよって話をしました

 

でもこれにしちゃうとこの時の
“had”というのは物理的になんか
持っているようなイメージですね

 

そうするとまあそもそも物理的に
持っていると考えちゃうとこれは
現在形を過去形にしているので

 

ここで過去形にしてるので
過去形にするということは
意味が弱まるんでした

 

意味が弱まるのは何故か
というとさっき見た通り
距離ができるからです

 

たださっきこの”had better”の
意味を見ていきましたけど

 

“had better”って
そもそも”should”よりも
もっと厳しい様な言い方です

 

全然意味弱まってないですよね
“have”が”had”になったからといって
弱まったどころかむしろ強くなってます

 

軽い警告や脅迫ですよ!
どんどん強くなっているわけです

 

という事はそもそも過去形にして
意味が弱まった訳ではないんですよ

 

そうすると辻褄が合わなくなってくるので

 

結論この”had better”の”had”
というのは一般動詞”have”が
こうやって”do”がついたものが

 

“did”になってそれが”had”に
なったものではないという事です

 

じゃあ何だ?というと
次によくhadを見るのは
had+P.P.じゃないですか?

 

このおしっこさんP.P.の話
覚えていますか?

had+P.P.

 

 

 

 

had+P.P.はまだやってないですけど
でも過去形ってのはやりましたよね

 

過去形ってのは今と全く関係ない
話だよとする、捉えるのが英語でした

 

日本語は過去の事が今に影響している
って過去の事を話したら言えるんですね

 

例えばご飯を食べ終わったら
「もう食べてきた!」って日本語で
答えるともう今は食べなくて良い

 

お腹いっぱいだっていうのを
暗に示すという話をしましたけど

 

庵に示す

 

英語はそうじゃなくて過去の事は
過去の事今のことは今の事

 

基本的につながってないよっと
するのが英語の捉え方でした

 

ただそれをつながってるよと
捉えようとする、形を取ろうと
したのがこのHave+P.P.の現在完了形でした

 

ということは過去の出来事を今にも
つながってるよ~って関係があるよ
過去のことが原因で今だから

 

今こうなってるんだよっていうのを
強調するときに現在完了形を使うんでした

 

だからそれでいうとニュアンスとしては
過去こういうことがやってなかった

 

その時にやっていれば、さもなければ
こうなってなかったよとかっていう
意味で捉えるわけです

 

ただそれで何故”have”
じゃなくて”had”なのかっていう
問題が次出てくるわけですね

 

確かに過去の事が原因で
今こうなってるってのは
わかるんですけど

 

じゃあなぜhaveじゃなくて
hadなの?っていう所でいうと

 

これ覚えていますか?
have+P.Pは現在完了形です
had+P.Pは過去完了形っていいます

 

過去完了形やりましたね
大過去です、大過去

 

大過去ってのは過去よりも
過去の話で過去よりも過去の話を
するんだという話をしましたが

 

覚えていますでしょうか?
って事は”You should have studied”

 

 

 

 

 

これにすると過去を勉強しておけば
良かったっていう風な後悔を表します

 

覚えていますか?

 

大過去というのは
後悔を表すんでした
wouldの時にやりました

 

 

 

 

 

っていう事は”had”っていうのを
これを大過去と捉えるとめっちゃ
後悔しているわけですよ、この文章で

 

いわゆるこの”had better”
というのはこの取り返しの
つかないくらい過去の話をしていると

 

良いですか?だから取り返しの
つかないぐらい過去をそうしていた方が
“better”な状況今持ってるよってことです

 

いわゆる後悔の度合いが
すごく高いのが”had”ですね

 

大過去ってのは後悔の
大過去でした一つの意味として

 

だからその後悔する度合いが
もっと強いということですよ

 

いいですか?なので
“would”とかと同じで

 

さもなければ感が
めちゃめちゃ強くなるわけです

 

この”had”にすることで

 

確かに”you have better”
でも通じるんですけど、多分

 

ただそれを”had”にする事で
よりやらないと後悔するよ
やばい事が起きるよっていうのを

 

もっと強調するために
“You have better”じゃなくて
“You had better”にしているわけです

 

まず思考としては”have better”に
する事で基本的に過去こういう事が
あったから今がつながってるよ

 

こういう事が原因でこうなってるよ

 

だから今こうしておかないと
この後こうなっちゃうよっていう

 

さもなければ感を出すんですけど

もっと脅迫する
もっと焦らせる
もっと頑張らせる為にも

 

脅迫度合いを強める為にも
警告は強める為にも

 

もういっこそれを
過去形にしてあげる事で

 

いわゆる大過去にしてあげる事で
より後悔するよっていう

 

そのさもなければ感を
アップしておくわけです

 

それがhad betterの正体です
基本的にhad betterっていうのは

 

悪い結果が起きる、この起こってる感が
受ければ良いんですけど

 

言われたときにはやばいと思えばよいし
言う時はそれぐらいの気持ちを
持って言わないといけないから

 

まあそんな気持ちがなければ別に
“had better”を使わなくて良いんですよ

 

一番”had better”を使う確率は少ないんですね

 

そんな普段から起こって
「こうしないといけないよ!」って事無いので

 

“had better”あんま
使うことないんですけど

 

ただ言われたときにはヤバ!っと
思っていれば良いわけですね

 

それぐらい今日は
覚えていれば良いんですけど

 

ただなんで”had”なの?って
いうと大過去にすることで

 

よりやばいよ!これやらないと後悔するよ
っていう度合いをより強くしたって事ですね

 

いいですか?はいじゃあ
まとめに入っていきましょう

 

今日は”should”は前回
ちょこっとやりましたけど

 

“should”とその”had better”の
違いを表情化で表しました

 

まあ見たら一目瞭然で
これはやっぱり言う時には
“should”の方がよく使うだろうし

 

言われるのはもしかしたら
“had”もあるかもしれませんね
“had better”

 

良いですか?表情から
解決していきましょうと

 

という話でした

 

はい!それでは
今日の動画は以上になります

 

それでは今日の動画は以上となります!
お疲れさまでした

 

また次回の動画で
お会いしましょう!それでは~