【DAY9】危険、これをしないとインプット全部無駄

今回は
【危険】これをしないとインプット全部無駄
というテーマでやっていきたいと思います

 

この記事の内容を実践することで
インプットの効率を飛躍的に高めることが
できます

 

そして英会話で外国人と話す時に
会話のネタに困らなくなります

 

これはTOIECとか英検だけやってる人も
この外国人とチャットしたりすること
あると思うので

 

そういう時に会話のネタに
困らなくなります

 

皆さんはこういった経験はありませんか?

 

文法や発音その他もろもろ知識入れる系の
動画を見れば見るほど

 

頭がどんどんどんどんパンク状態に
なってしまう

 

もしくは結局何度も何度も同じ動画を
見返して時間が無駄になっていく

 

もしくは外国人を前にして
何の話題を話せばいいのか
途方に暮れてしまう

 

トピックが急に出てこない
質問がすぐに出せない

 

そんな人いませんか?
今回はそんな人たちに向けて送る記事です

 

なんでこの記事作ろうかと思ったかと言うと
僕は今まで大学生の時からなんですけど

 

インプットというものを徹底的に
やってきたからかなと思ったんです

 

例えば僕は一番インプットの量が多いのは
読書です

 

大学生の時はある時期に1日1冊、
ビジネス書と、もしくは自己啓発書みたいな

 

本当自分の興味がある範囲のものを
1日1冊読むという生活をしてました

 

本は、これは借りたりとかもらったりするん
じゃなくて、必ず買ってました

 

買うと言ってもamazonで中古品だと
1円とか。それ+送料で買えたりとか

 

あとメルカリとかそういうフリマサイトで
買ったりとかして

 

アプリで本当に1日で10冊とか20冊とか
バーっと買うんですよ
1ヶ月に読む本だけバーっと

 

で、読む時に、読んで大事だなと
思ったところはマーカーを引くんです

 

そうするとどうなるかというと
アウトプットとして僕は
マーカーを引いたところを

 

Wordにわざわざまとめて
プリントアウトしたんですよ

 

今思えばもうちょっと頭を使えばよかったな
と思うんですけど
やってたことはすごい良かったなと思います

 

「この筆者の言ってることすごくいいな」と
「これを自分のアウトプットとして
使いたいな」とかって思った時に

 

これをWordにまとめてました
それで終わるんじゃなくて

 

そのWordにまとめたということは
1か月30冊読んでたので
じゃあ3ヶ月でほぼ100冊です

 

その100冊分の自分の大事だなと
思ったところだけが1つのWordに
集まってるわけです

 

ということはそれはもう完全なる
僕の宝物になったわけです

 

もちろん10ページ20ページとかしかない
ぐらいのレベルでしたけど

 

でもそれは自分の本当に必要なものだけが
選りすぐりのものが集まってる
そういうプリントなので

 

それをプリントアウトして
何度も何度もスキマ時間に読んでました

 

例えばトイレでうんこする時
ほんとうんこなんて3分から5分
かかるじゃないですか?

 

その時何してますか皆さん
スマホ触ってないですか?

 

僕は今もそうですけど、こういうスキマ時間は
絶対にスマホとか触って時間を無駄に
するんじゃなくて

 

必ず何か有益な情報をインプットする
時間に充ててます

 

大学生の当時はプリントアウトしたものを
スキマ時間のトイレとか読むんですよ

 

そしたら、本を読んだらあれなんですけど
プリントアウトしたものだったら
大事なものだけが集まってるので

 

そこだけを集中的に3分5分読むというのは
本を1から読む場合の何十倍も濃いもの
読んでるわけです

 

大事なとこばかり集まってて、
すごいトイレって僕の中で神聖な場所だったし

 

あとは電車の待ち時間とか人の待ち時間
あと面白くない授業中とか

 

今思えばよかったか分からないですけど
授業中なんて授業を受けたこと
ほぼなかったし

 

基本的に赤点取らないように
テストは受かるように頑張っていました
大学の時は

 

基本的にテストだけ頑張って
あとは本当に本を読んだりとか
本のまとめたものを読んだりとか
そういう自分の好きなことやってました

 

最近はやっぱり今フィリピンに住んでる
こともあるので、やっぱり本は買えないです

 

なので物理的にも今
kindleのpaperwhiteっていうものを
使って

 

 

電子書籍として、こっちにいながらも
先月も先々月もそうだし、大体1日1冊ぐらい
買ってるので、月30冊ぐらい買ってます

 

それのアウトプットとしてSNSで
Twitterとかインスタとか

 

あとはYouTubeで話してるのも
そうですけど、こうして発信してるわけです
こうやってアウトプットしています

 

なんで読書の話したのかというと
英会話力を伸ばしたかったら読書をしましょう
というのは必須だと思います

 

で、そのアウトプットを英語で
やっていきましょうという話をしていきたいと
思います

 

その理由なんですけど
そもそもインプットだけだとよくない
というのは、もう大体の人が分かってる
と思うんですよ

 

よく言うのが
「インプットよりもアウトプットが大事だよ」
って言うんですけど

 

確かに正しいんですけど
そもそもインプットの量が皆さん
少なすぎると思いませんか?

 

僕は読書をする前は本当に
インプットなんかしてなかったし

 

インプットし始めてから
インプットしてる自分がやっぱり気持ちいいし
してないと逆に怖いんです

 

それぐらいになってるわけです
インプット病ですインプット病

 

皆さんにもぜひこのインプット病に
なって欲しいんですけど
英語ってインプットの量がめっちゃ多い
じゃないですか?

 

例えば英単語だったら基礎単語とか
3000ぐらい覚えないといけないですよね?

 

そして目的別の英単語

英検だったら英検2級に出るやつ
英検準1級に出ててくるやつ
英検1級によく出るやつ

学ばないといけないし

 

TOEICだったら500点の人、700点の人
900点、満点目指す人

 

それぞれの目的別のレベルに合った単語
勉強しないといけないじゃないですか?

 

英文法も同じで
前置詞とかto+不定詞とか
いっぱいありますよね?

 

いろんな単元があるわけですよカテゴリが
発音だったらフォニックスとか
舌の動きとか

 

あとは英語らしい声の出し方
「腹式呼吸で声を出す」とか
そういうことです

 

学ぶことがいっぱいあるわけです
英語はめちゃめちゃインプットの量が
多いわけです

 

だからうまくインプットと付き合っていかないと
パンクしちゃうわけです

 

で、これ面白いんですけど英語に関してで
言うと、僕は文法とかの動画撮ってますけど
あれ見ていろんな評判聞くんですけど

 

もう本当に2つに分かれてるんです

 

1つは「文法が見れば見るほど
どんどん英語のハードルが下がって
楽になっていってます」って人と

 

「見れば見るほどどんどんパニクっちゃって
頭パンクしちゃってわかんなくなって
きてます、間に合ってないです」

 

っていう人と分かれちゃってます
これどうしてかなと思ったんですけど

 

これやっぱりインプットの仕方
めっちゃ大事だなと思ったんですよ

 

もっと言うとインプットした後の
アウトプット仕方もめちゃめちゃ大事で
その辺の話をしていきますけど

 

アウトプットするから新しい情報が
インプットできるってごく当たり前の話で

 

例えば、僕お腹いっぱいになったら
大体うんこに行くんですよ

 

別にこの場なので全然恥ずかしがらず
言えますけど、今日の昼ごはんもそうですよ

 

今回の昼ごはんも、卵かけネギチーズ
キムチご飯をいつも食べるんですけど

 

たまたまそれ以外のおかずが美味しくて
前にお腹いっぱいになっちゃったんですよ

 

お腹いっぱいになったけど残すの
悪いな思ってこっそりうんこ行ってきて

 

で、スペース空けた上で戻ってきて
また食べたんですけど

 

やっぱりインプットを10して
そこにまた次の日インプット10したら
20になるんです

 

アウトプット2しかしなかったら18
18残っちゃうじゃないですか?

 

ということはもしこのキャパシティが
30の人はもう3日間ぐらいでパンパンに
なっちゃうわけです

 

けどアウトプットをしっかりしていかないと
うんこを出し切らないとご飯も入ってこない
んですよ

 

本当それも脳みそも一緒で
でも脳みそって結構無尽蔵にあるので
そういう意味で言うとちょっと違うんですけど

 

当たり前の常識になるまでアウトプットする
というのを心掛けてみるというのが
1つのコツなんですよ

 

例えば“I love you”とかってもう
言えるじゃないですか誰でも

 

その時に「I ってなんだったっけ?」とか
「loveってたんだったっけ?」とか

 

「もうIとloveとyouとかこれで
単語3つ覚えてまたお腹いっぱいだ」
ってならないですよね?

 

ぶっちゃけIとloveとyouなんて
覚えてて覚えてないようなもの
なんですよ

 

いわゆる知識としてもう当たり前すぎて
なんかそういうのが「知識として覚えたな」
って感覚じゃないと思うんですよ

 

なんかもうあるけど、
知識として取り出そうと持ったら
取り出せるけど

 

そんな別に「あれのせいで今頭が重たい」
とかって思うわけじゃないですよね?

 

けどなんか「関係代名詞」とか
「to+不定詞」って聞いたらなんかもう
すぐ頭が拒否反応起こすじゃないですか?

 

あれはそういうto+不定詞とか
関係代名詞とかthatの使い方とか
前置詞のonとinとatの違いとか

 

そういうのがまだ当たり前の常識
になるまで、頭の中に入ってないんです

 

いわゆるIとloveとyouの例で言えば
それがうまく使いこなせるレベルまで
入ってないから

 

インプットがうまくできてないから
インプットの数として
カウントとしてしまうんですよ

 

だから簡単に言っちゃえば
インプットを10したら、アウトプットを
いっぱいした方がいいんです

 

例えばアウトプットを8しましょうか
アウトプット8しちゃったら
10個のうち5個ぐらい覚えちゃったと

 

覚えちゃって、もう別に
メモリーに入れる入れないの問題
と言うよりも、全然なんでもない状態

 

なんでもないという状態になってしまった
とすると、次の日に10に入れたら

 

本来は20なんですけどその5をマイナスして
15くらいになります

だからまた8をアウトプットすれば
7の状態

7の状態で次また10インプットするから
次の日は17ぐらい

っていう感じでインプットをするんだけども
確かに数としては増えてるように
見えるんだけども

 

実際にはしっかり当たり前の常識に
なるまでアウトプットできて、

 

数としてカウントしないとこまで
常識に落とし込んでしまってる方が
空っぽになるんですよ頭がまた

 

だからまたインプットできるという風な
状況になります

 

だから英語って中途半端に勉強してると
どんどんどんどんきつくなってくるんですよ

 

でも本気でもう没頭してやってる人って
アウトプットして、しまくったら

 

インプットしたものが空っぽに
なってくるんですよどんどん

 

もう「どんどん情報が欲しい」と
「まだなの?まだなの?」の状態
になるわけです。そうなってくると勝ちです

 

そうならないと難しいですやっぱり英語は
覚えることが多いの当たり前の話で

 

じゃあ限られた脳のキャパシティの中で
いっぱいいっぱいになってしまうまで
限界まで頑張るのか

 

そういういっぱいっぱいなる前に
アウトプットいっぱいして
どんどん常識になるまでアウトプットして

 

もうそれが知識としてあるかないか
ようわからん状態までするっていうのを
毎日繰り返してくしかないんです

 

なので「新しい情報を入れて、吐き出す」と
で「また新しい情報入れてまた吐き出す」と

 

そして吐き出すからこそ
そこでしっかりともう「常識になる」と

 

また新しい情報入れるんだけど
また常識になる

新しい情報入れるんだけど
また常識になる…

 

こういう風なサイクルを踏んでいかないと
やっぱりインプットばっかりとか

 

アウトプットしててもやっぱり
インプットしたものがガッツリと
「インインインインプット」くらいにならないと
やっぱりもう厳しいです

 

なので大事なのは
そうやってインプットしたものを
ひたすらアウトプットしていって

 

それは音読かもしれないし
英作文かもしれないし
英会話レッスンをすることかもしれないし

 

しっかり使っていく中で落とし込んでいく
っていうのをしましょう

 

I love youが何で皆さん言えるかって
何回も言ってるからです

 

比較的他の文章と比べて
I love you言ってるからスムーズに
言えるようになるんです

 

I love you言うのに
そんなにストレスかからないですよね?

 

けど関係代名詞の文章言おうと思ったら
ストレスかかるじゃないですか?

 

あれがストレスかからなくなるぐらいまで
やるってのが「常識に落とし込むまでやる」
ってことです

 

で、そうなってくるとやっぱり脳みそが
キャパシティが100だとしたら

 

英語だけで100にしたいのに
英語以外のなんか変な情報をインプット
しちゃうと、それはそれでまたキャパシティが
すぐ埋まっちゃうわけです

 

だからもう一つ同時並行でやって
いかないといけないのは

 

「無駄な情報を日常で入れない」
っていうことです

 

だからもう前からずっと言ってますが
「テレビを見るのやめましょう」とか
ずっと言ってますよね?

 

そういう今までの動画をまた見てください
無駄な情報を入れないと

 

どんな情報入れるかというと
一生とは言わないので1年間ぐらいですよ
長くても1年、短ければ半年ぐらい

 

英語だけに、英語で成果を出すことだけに
フォーカスをして話をすると

 

英語を伸ばすために
いわゆる成長するために
インプット・アウトプットしましょうと

 

例えば英語だったら英文法とか英単語とか
そういうものを入れていく

 

発音の知識を入れていく僕はその時は
自己啓発とか今は「生産性を高める」
っていうカテゴリに興味があるので
そういうところ勉強してるんですけど

 

そういう自分の興味のあることで
いいので、今はこの動画見てる人は
多分英語をガッツリやりたい時期だと思うので

 

英語に関してだけのインプットを
めちゃくちゃすればいいんですよ

 

ってなった時に英語ばっかりやってると
それはそれで確かに英語は使えるように
なるんだけども

 

今度は英会話が出来なくなっちゃう

 

これよくあるんですけど
インプットが足りてないと英会話が
盛り上がらないっていうことがあります

 

外国人と話をしてて
質問とかすぐ思い浮かばないんですよ

 

「先生は今日はそうだなお昼ご飯に
これ食べたんだ」って
「へーそうなんですね」って言ってから

 

話が思い浮かばない
何の質問したらいいか思い浮かばない人が
結構いるんですけど

 

これ一瞬の想像力の欠如です
やっぱりスピード感って会話で大事
じゃないですか?

 

お互いが沈黙したらなんかもう
「2回目以降がないな」って気がするし

 

そういう莫大なインプットを普段やっていて
その中で一瞬で選択して話題を
引っ張ってくるっていうのは

 

英語とプラスして英会話ができるためには
必須の能力です

 

僕、結構会話得意であんまり
その途切れたことがないんです

 

なぜかと言うとやっぱり読書をしてきたので
もう結構知識というか話題が
いっぱいあるんです

 

それは以前のこともそうだし
今リアルタイムで読んでるものもそうだし

 

そういう風に本を読むってのは
これやっぱり会話を盛り上げるために
必要だと思います

 

僕個人的にkindleが一番おすすめ
なんですけど

 

1週間に1冊ってのは
最低限社会人として読み終える位のもの
じゃないといけないかなと思ってます

 

具体的なアクションプランを
見ていきたいんですけど

 

「読書をせざるを得ない環境に投資する」
読書ってやっぱしようと思ってもしないんです

 

この動画を見て実際にやる人は多分
100人いて1人でしょう

 

実際読書しないんですけど
しようと思うんだったらこれは
本気度を表してください

 

読書をせざるを得ない環境
投資をしましょう

 

簡単に言うとkindleを買いましょう
kindleは僕が前使ってたのは
kindle Paperwhiteです

 

 

今持ってるやつはこのkindle Paperwhite
のもう一個古いやつです

 

これこそ僕が営業で1ヶ月目で30件
取った時に、その時の支店長、代表かな?

 

その会社の代表がプレゼント
してくれたんですけどそれ今も使ってる
わけですよ

 

このもう一個古いやつがちょっと古いので
ちょっと新しいの欲しいなと思って

 

最近これ買いました
kindle oasis色調調節ライト搭載

 

 

kindle oasis何がこれ違うのか
よくわかんないんですけど

 

僕はとりあえず最新のが欲しかったので
こっちを買いましたそしたら
値段が倍くらい違います

 

僕は何が違うかわかんないですけど
とりあえず今は長く使うだろうと思って
いいやつを買ったんですけど

 

これがすぐ届くかなと思ったら
なんか発売がまだ、発売されたんだけど
届かないんですよ

 

だからもうちょっと古いやつ
使わないといけないんですけど

 

このkindleもこっちで構わないので
買いましょう
もうすぐポチっとしましょう

 

このすぐポチっとする精神
めちゃめちゃ大事です

 

「やりましょう」って言ってすぐやれる人
絶対英語伸びるんで
なんでもそうですけどね

 

ということで
①読書せざるを得ない環境に投資をしましょう
で、実際に読書をしていくんですけど

 

1日6分から30分間読書をしましょう
なぜ6分って言ってるかと言うと

 

6分間の読書ってのが
そのストレスを軽減させるっていう
セラピーの効果があるんですよ
なので6分間読書ってのをおすすめします

 

僕個人的には30分がやっぱいいかなと
思ってるので僕はいつも大体30分くらい
してます

 

なので、朝やっちゃえばいいんですよ
朝15分、夜寝る前15分

 

kindleをなぜおすすめしてるか
と言うとkindleというのは夜寝る前に
読書するのがいいんですけど

 

部屋を真っ暗にしてこれ読んでも
全然目に悪くないんですよ
だからこのkindleおすすめしてます

 

一番おすすめは朝15分
おすすめした目覚ましありますよね?
自然の音で起きる目覚ましを買って

 

目覚ましで起きて
水を飲んでカーテンを開けて
口をうがいして歯ブラシで歯磨いて

 

自分で摩擦を起こすために
僕のマインドセット動画これを見て
その後読書しちゃえばいいんですよ

 

たった15分なので
絶対出来ます

 

で、それをやった後で仕事に向かってください
できればSNSとか皆さん持ってると思うので
Twitterとかインスタとか

 

Twitterとかでもいいんですけど
140文字っていう限られた中で英語を使って
読書したことアウトプットしてみてください

 

もし僕,ハッシュタグとか分かんないけど
ハッシュタグとかメンションとかで
僕をやってもらったら

 

僕も反応するようにするので
頑張って出来る時はするので
アウトプットしてみてください

 

はいじゃあ今日のまとめに
入ってきたいんですけど

 

今日は大学生の時に本をめっちゃ読んでて
今も読んでるんだよって話から始まって

 

なぜかというと英会話っていうのは
やっぱり読書をしとかないと盛り上がらない
という話をしました

 

やっぱりインプットする時に読書ってのは
大事になってくんですけど

 

そのインプットの方法っていうのは
英語も読書も同じで

 

結局お腹いっぱいになったら
うんこ行ったらいいよって話と一緒で
「しっかりアウトプットしましょう」と

 

どれぐらいアウトプットするかと言うと
当たり前の常識に変わるまで
アウトプットしましょうって話をしました

 

そしてアウトプットするからこそ
また空っぽの状態になるんで
またインプットしましょうっていうのを

 

ひたすら自分の興味のある
成長ができるようなカテゴリーで
本を読んでいくという話をしましたけど
どうでしたでしょうか?

 

このアクションプランはもう,すぐ今日から
やっちゃってください

 

kindleの詳細は概要欄の方に
貼っときますので必ずこの後みてください

 

はいそれでは今回の記事は以上になります
お疲れ様でした!

 

また次回の記事でお会いしましょう!
それでは!