【DAY10】全英語学習者が持つべき、圧倒的成長を約束するセレンディビティ思考とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は
【あなたにもあてはまる】全英語学習者が
持つべき、圧倒的成長を約束する
セレンディピティ思考

 

というテーマで
やっていきたいと思います

 

この記事の内容を実践することで
他の中途半端な気持ちで学習している
英語超初心者を置き去りにして

 

成長速度を圧倒的に高めて
英語学習を継続できる
そういう思考を手に入れたいと思います

 

皆さんはこういう経験ありませんか?

 

英語学習を始めてみたはいいけど
やるべき訓練がたくさんありすぎて
嫌になってしまう

 

勉強するだけで何が成長してるのか
わからないので先行きが不透明で不安

 

こんな気持ちを抱いてる人は
いないでしょうか?

 

結論から言うと今回は
受け身学習ではなく

 

セレンディピティを活かした
「セレンディピティ学習」をしようという話を
していきたいと思います

 

理由は簡単で
セレンディピティというのが凄すぎて
これを今日確実にお伝えしたいなと
思ったからなんですけど

 

このセレンディピティって何かというと
偶然を必然のこととして
捉えられる力の事です

 

全て偶然に起こってるかのように
思えるんですけど

 

このセレンディピティというのが
全ての英語学習者や

 

これは英語学習じゃなくてもぶっちゃけ
人生において必須の力と思ってて

 

この英語学習すると必ず
偶然みたいな必然が起こってくるんですよ

 

例えば言えなかった表現がパッと言う
タイミングがあったりとか

 

言いたいことが伝わったタイミング
だったりとか、

 

前回の授業で習って
「ここをこう改善していきましょう」
「次回重点的に取り組んでみましょう」

 

って言ったことがその次回の授業で
改善できた瞬間だったり

 

そういう英語学習をしていて
偶然みたいな、でも必然なんですよ

 

だってこうやってしっかり準備をできて
これも訓練をしたからこそパッと言えたり
伝えたいことが伝わったりするわけです

 

こういう言えなかったことが言えたりとか
そういう英語学習をしてて
偶然みたいな必然が起こったものを

 

これを
「起きるべきだった必然だったんだ」
って捉えられるような

 

そういう思考を持ってください
これが鍵ですよっていう話です

 

これは感覚を研ぎ澄まして
アンテナを張りまくって敏感になってれば
感じることはできます

 

言ってしまえば

なんとなく勉強して
なんとなく1日が終わって
なんとなく3ヶ月が終わって
なんとなく1年が終わっちゃう

そういう感覚を研ぎ澄ましてなくて

 

何が成長して何がまだ苦手なのかって
アンテナが張れてなくて

 

どんなちょっとした気づきにも
変化にも敏感になっていなければ

 

それは英語学習として
最悪なパターンになっちゃうんです

 

なので僕はほとんどの英語学習
というのはセレンディピティってものを
意識するだけで

 

一気に変わってくんじゃないかと
感じています

 

そもそも、全ての英語学習に対して
セレンディピティの意識を張り巡らす
というのは、これは必須だと思ってます

 

なんでも意味があると考えて
意味を考えながらやっていく

 

これすごく大事だと思ってて
例えば勉強内容1つにしろ
例えば文法です

 

文法だって
「なんで僕はこの文法を習ってるんだろう」
「be動詞とは?」
「名詞とは?」「動詞とは?」

 

「なんでそんなとこから学ばないと
いけないんだろう?」とか

 

「何がこの動画のメインの
ポイントなんだろう?」とか

 

この文法を、習ってるものを活かしたら
「今まで言えなかったどんなことが
言えるようになるか」
それが楽しみでやってるのか

 

そういう事を普段から意識して
勉強してますか?ということです

 

例えば「今日はbe動詞の挿画です」と
「そうなんだじゃあbe動詞やるか」
「あ、終わったbe動詞こういうことか」
っていう

 

「何でこんなものを学んでるのか」
「僕が提供してるのか」というのを
理解せずにやるっていうのは
全く意味がないです

 

単語も同じで
「なんでこの単語を学んでるだろう?」
「この単語を活かしたらどんなことが
言えるようになるだろう?」とか

 

そういうところまで意識して勉強が
できているかということです

 

こうやって1つ1つの学習内容に対して
やってる意味を持たせていくことが
大事です

 

これ間違っててもいいんですよ
その文法とか単語を勉強する意味が
間違ってても半分いいんですけど

 

大事なのはそもそも、この学習をやってる
一個一個の行動に対して

 

ちゃんと意味がありますか?
意味を持たせてますか?ということが
大事になってきます

 

だからそもそも「なんでやってるのか?」
というのを分からない時点で
僕に聞かないといけないんですよ

 

「なんでこの動画出したんですか?」
「なんででこの単語を覚えないと
いけないんですか?」って

 

いちいち聞いてください分からなければ
分かった上でやらないと脳みそは
反応しないので

 

今これパッと思い出したんですけど
僕が広島で一番お世話になった
不動産会社の社長さんがいるんですけど

 

その社長さんがずっと言ってました
僕は1つ1つの行動に対して
必ず意味を持たせてる

 

「どういうことですか?」って聞くと
例えば今日の飲み会だって
毎回誘ってくれるんですけど

 

行くと毎回もちろんお金は
もちろん払ってくださるんですけど

 

その時に「なんで○○さんはいつも
お金を払ってくださるんですか?」
って聞いたら

 

「これは自分の中に意味を持たせてる
からいいんだ」と
「どういうことですか?」って聞いたら

 

「10万円を超える買い物をしない限りは
すぐに払うっていう風なルールを
自分で決めてるんだ」と

 

で「10万円を超えるものだけは必ず
一旦考える」と
「本当に買っていいのか?」と

 

という、その方なりのルールを
設けてるんです

 

それって「買い物」っていうものに
対して意味を持たせてるわけです

 

10万円以下だったら彼にとっては
まあパッと出せる額でもあるん
でしょうけども

 

でもやっぱりそこはパッと買っちゃって
何か色々考える前に買っちゃうというのが

 

1つその方の中でポイントに
なってるわけです

 

こういう「買い物」という1つのことに
対しても意味を持たせた方がいい
というのはすごく勉強になって

 

「そういう風な考え方もあるんだ」と
思ったんです

 

英語学習もそうなんですけど自分の中で
その学習に対して

 

「なんでこんなことやってるのか?」って
意味を持たせることは
めちゃめちゃ大事になってきます

 

逆に言うと、受け身的な学習では
全然成長できません

 

どれぐらい成長できないかというと
もっと1年でも3年でも10年でも
勉強し続けちゃうし

 

こういう受け身的な学習が好きな人は
勉強してる自分が好きで
自分に惚れちゃってて

 

勉強してる事自体に満足しちゃってる
人がほとんどです

 

こういう人はもしかしたら友達とか
家族とか、仕事仲間とかに

 

「私今英語勉強始めたんだ」とか
「英語の勉強もう3年やってるんだ」とか
そういう風な自慢をしちゃってるかも
しれません

 

これは一番やってはいけないパターンです
英語は1年未満で身につけましょう

 

そして話せるようになる
書けるようになる読めるようになる
聞けるようになる、理解できるようになる

 

そういう状態になって
早く飛び立つべきなんです
それが一番かっこいい姿です

 

勉強してること自体は
かっこよくはないです

 

受け身的な学習とかはすぐにやめて
意味がわからないままひたすら

 

言われたことを勉強していくスタイルは
もうやめましょう

 

そしてなぜかというと
そもそもそういうスタイルの人は

 

なぜその勉強してるのか
この先に何があるのかってのを分かって
勉強してないと

 

勉強自体にリアルがないんですよ
勉強のための勉強になってるので

 

それは将来成長して
話せるようになる、書けるようになる
読めるようになる、聞けるようになる
理解できるようになる事を

 

そういうリアルなことを目的にした上で
勉強っていうのがあるので

 

こういう受け身の学習する人は
リアルさがないわけです

 

だからこそ、そもそも軌道修正が
自分でできません

 

これは注意した方がいいと思います
例えば僕のレッスンでも、中にはいます

 

「今日は何か僕がいいこと教えて
くれるだろう、いつも何か1つ気づきが
あるから今日も何か教えてくれるだろうな」
って臨む人と

 

「いやいや確かにそれもあるけど
僕は今日はこれを解決したくて
このレッスンに臨むんだ

 

これを解決出来たらこのレッスンの後に
こういうことが言えるようになるんだ」
ってとこまで意識して僕のレッスンに
望んでる人

 

圧倒的に結果が違ってきます
これは僕の長年の英語を教えた経験で
分かってきました

 

やっぱり受け身の人は成長速度が
遅いです

 

やっぱり3ヶ月後、6ヶ月後、この1年後
の成長というのが

 

このセレンディピティを意識するか
しないかで、成長速度は明らかなので

 

今1つグサッと刺さった人は
気持ちを切り替えて、今日の英語学習で
頑張っていきましょう

 

具体的なアクションプランとすると
「そもそも今受身的な学習に
なっていないか?」って反省して

 

もしそういう風な受け身的な
学習になっているものがあれば
それを紙に書き出してみましょう

 

びっくりすると思います
「私こんなに受け身的な学習
やってたんだ」と

 

「そりゃ成長するスピードも遅いよな」
そういうものに対して

 

じゃあセレンディピティ精神を持って
前向きに、何を目的にやってて

 

なんでこれやってるのか?
どうしていきたいのか?
っていうのをちゃんと

 

その受け身的な学習になってるものを
書きだした、横に書いてください

 

そうすると改善できるようになります
そしてわかんなかったら聞いてください

 

ちょっと今パッと思いついたんですけど
今僕が使ってるのは
「Xmind」っていうマインドマップアプリ
なんですけど

 

これじゃなくてmindmeisterの会社の
マインドマップだと
これ他人と共有ができます

 

なので、共有リンクを共有できるので
リンク送ってもらえば、URLを
そのマップのリンクを送ってもらえば

 

僕と共有ができるので皆さんが
その受け身的学習になっているものを
書き出して

 

例えば
「レッスンは惰性的に準備なし
受けていた」って書いて

 

その義務的な学習になってるものを
書き出してその右側にこうやって
Tabキーを押せば移動するので

 

エンターキーを押せば
縦に項目が並べられるので

 

受け身的に受けていたけど
私なりに「これを改善するには
こういう風な方法があるよ」
っていうのを書いて

 

それを、このページ自体を
シェアしてもらえば、URLを送って
もらえれば、僕見るので

 

それ見て話し合いしましょう
これはアクションプラン一番いいかも
しれませんね?

 

皆さんに伝えたいことがあって
今僕実は動画どこで撮ってるか
というと

 

多分地上20階ぐらいの
コンドミニアムです

 

日本で言う高層マンションの
20階ぐらいの所のベランダで今
撮ってます

 

だから今、目の前で海が広がって
すごく素晴らしい景色があるとこで
やってるんですけど

 

ここに来た理由は、ちょっとある動画を
5つぐらい撮りたくて来たんですけど

 

ここに仮面をつけて動画を
撮りたかったんですよ

 

ただ、仮面を持ってきたんですけど
いつも仮面とセットで着ないといけない
服を持って行くの忘れたんですよ

 

フード付きの服なのでフィリピンでフード
いらないのでそもそも

 

フード付きの服ってやっぱ撮影の時に
持ってこようと思わないと
持ってこないんですよ

 

忘れちゃって昨日持ってくるの
でもこのホテルも予約しちゃったし
結構値段もしたので

 

なんかもったいないなと
思っちゃったんですよ

 

確かに僕のフィリピン人の彼女とか
ファミリーの皆さん連れてきたので
それはそれで良い思い出になると
思ったんですけど

 

やっぱり撮影もしたいなと思って
来てたので凄い悔しくて
実はその部屋が4人までだったので

 

僕と彼女と、彼女の妹1人と弟1人
4人で来てたんですけど、そのお母さんと
お兄ちゃん1人を置いてきたんですよ家に

 

しょうがないですか人数的に
連れていきたかったけど

 

だけどビジターとして、訪問者として
呼べるっていうのを聞いて
「じゃあプールも入れる」と

 

じゃあ呼ぼうと思って
せっかくだしちょっと服持ってきて
貰おうと持ったんですよ

 

片道40分とか1時間渋滞してたら
かかるとこなので、迷ったんですけど
もちろんタクシー代もかかるので

 

ただこれは、お金払ってでも
時間かかってでも、絶対このフード付きの
ものいないと動画撮れないから

 

持ってきてもらおうと思って
持ってきてもらって、結局そしたら
そのセキュリティーガードの人が

 

「いいよ別に2人ぐらい泊まっても」
って言ってくれて、結局6人で
泊まったんです、ちょっと窮屈だったけど

 

そしたらすごい楽しかったわけです
4人でしか無理な所に6人入れて
ちょっとぎゅうぎゅうだったけど
みんなで寝れたわけです楽しく

 

これめちゃめちゃ良かったなと思って
よく考えたらこういうのも
セレンディピティですよ

 

僕が服を忘れて、だからこそ
持ってきてもらうついでに泊まれた
っていうその偶然が

 

今思えば必然だったなと思って
だってこうやってやっぱり4人じゃなくて
6人で泊まれた方が楽しいし
みんなハッピーじゃないですか?

 

こういうことに対して僕は
セレンディピティを感じるわけです
「良かったな」と

 

こういうことがやっぱり
英語学習だけじゃなくて人生において
感謝できるようになってくると

 

めちゃめちゃ毎日の幸福度は
上がると思います

 

小っちゃいことに対して
すぐにセレンディピティを感じて

 

本当にありがたいなあ
本当恵まれてるな、本当についてるなって
口に出して言えるような人生って
めちゃめちゃ素敵じゃないですか?

 

だからこういうセレンディピティの精神を
英語学習をする時から身につけていれば
本当にこれ極端な話、人生の幸福度が
めちゃめちゃ上がると思います

 

結論、まとめに入りますけど

 

受け身学習じゃなくて
セレンディピティ学習っていうのを
していくことで

 

実は人生レベルの幸福度が
上がっていくんじゃないかっていう話を
最後しましたけど、いかがでしたでしょうか?

 

この思考を持ってるだけで、本当に
人生開花すると思うので、

 

是非皆さんも楽しみにしてください
僕は今回、コンドミニアムに泊まりに来て

 

半年後、1年後にはこういう風な場所で
海を見ながら20階ぐらいの高層ビルから

 

海を見ながら緑に囲まれたところで
仕事がしたいなと素直に思いました

 

僕はそのためにこの半年間めちゃめちゃ
仕事頑張るし

 

皆さんにも頑張って、英語学習を
サポートしていきたいと思います

 

それでは今回の記事は以上になります!
お疲れ様でした!

 

また次回の記事でお会いしましょう!
それでは~