【vol.1】発音を伸ばしたければ発音は勉強するな

※文字での表記に限界があるので、
発音レッスン動画を見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

今日は発音の動画を
撮っていきたいと思います。

 

今日ははじめに動画講義の進め方という
テーマでやっていきたいと思います。

 

この企画を通じて皆さんには
英語の発音を英語らしい声の出し方
というところに注目して日本人らしい発音を

 


声から変えていく
という
ネイティブに近い発音を手に入れる
プログラムにしていますので

 

楽しみにしていただきたいんですけど
こんな感じで動画の講座にしていこうと
思っています。

 

というのも動画だとスキマ時間にこの
YouTubeを開いて学習できたりとか
あと自分のペースで何度でも視聴できたりとか

 

PDFだと結構文章量があるように見えて
しゃべると
全然少なかったりするので
そういうのも兼ねて動画講座という形にしています。

 

そもそも英語らしい声を身につけるんですけど
英語らしい声ってどんな声かと言うと

 

日本人が日本語を
しゃべるより声が響いたりとか
リズミカルなアクセントがあったり

 

日本語よりも声が低くなるというのも有るんですね
日本が英語を話す時は意識的に普段より低い声に
しないといけないんですよ。

 

声を低くするには喉を使うので
トレーニングをしていく必要があります。

 

みなさんが目指していただきたい理想は
「英語を話している時に日本語を
話している時よりも声が違うね!
声が低いね!」

 

と言われる事が良い目安になると思います。
例えば僕がフィリピンに行く時に毎回機長
アナウンスが流れるわけですけれども、この

 

「Hello,this is your captain speaking.」

 

この文章を読んで見たいと思います。

 

これを皆さんにも録音していただきたいですし
自分の声の変化を感じていただくために録音
していただきたいんですけれども、まずは
僕の英語の発音を聞いてみてください。

 

いきまっせー

 

 

こんな感じになるわけですね。
まあどうでしょうか?日本語を喋っている
時よりも低いと感じていただけたでしょうか?

 

こんなのが英語らしい声と言うんです
けれども、そんな中


「話せば伝わる、生きた英語」
という
のを身に着けたいわけで、僕の話す
ノウハウを使ってもらえば
文の作り方をマスター出来るんですけれども

 

正しい文法でも発音が通じない
だけで
うまく通じないというのは
すごく悲しく
なっちゃうので…

 

しっかりと声の特徴とか
パターンの知識を増やした上で
しっかり一緒にトレーニングを
行っていきたいと思います。

 

そんな中でも標準アメリカ英語
マスターしていただきます。

 

そもそも日本語にも方言が有るように
英語にも方言があります。
そういうのを英語では「アクセント」
と言っているんですけれども

 

アメリカ英語でもアメリカの中の
地域で発音が違うわけです。

 

例えば

・カリフォルニアアクセント
「California Accent」

・シアトルアクセント
「Seattle Accent」

・ニューヨークアクセント
「New York Accent」

 

これ全部違うわけですね。
日本人が方言が有るように
英語も違ってきます。

 

・イギリス英語
・カナダ英語
・オーストラリア英語
・ニュージーランド英語
・インド英語
・フィリピン英語

 

ありますけれども特にインド英語なんて
「understand」がこんな感じになるわけですね。
フィリピン人の何人かは

 

こういう様な方言が有るわけですけれども
僕らが学んでいくのは

 

基本的に
スタンダードアメリカンアクセント
「Standard American Accent」

 

この標準的なアメリカアクセントを学んで
いきたい
と思います。

 

これがアメリカ英語の中でも地域の特色
というのをなくした一般的な英語、通称
ジェネラルアメリカン
「General American」

なアクセントを一緒に勉強していこうと
思います。

 

この発音は映画や音楽など
そういう世界中どこの国に行っても
一番理解される発音で、アメリカの
ニュースキャスターやアナウンサーは
これを使います。

 

日本もそうですね、あまり関西弁バリバリの
おっちゃんが東京のニュースに出ないので
全国ニュースの方は発音は標準日本語で
合わせて話しているじゃないですか
この標準を学んでいきましょう
というのがあります。

 

政治家とか俳優、歌手などの著名人の
中では自分の中の訛りを取り
わざわざこの「General American」を
身につけようとする人もいるわけです。

 

例えば政治家のパラク・オバマさんは
「Yes we can」で有名ですけど、
あの人の動画を見てみるとすごく発音が
聞き取りやすいと思います。

 

歌手のテイラースウィフトさんや
ワン・ダイレクションさんのこの辺は
発音がすごく綺麗です!!

 

特にワン・ダイレクションの皆さんは
イギリス人なので普段はイギリス英語で
話しますけれども、インタビューとかは。
ただ歌う時はアメリカ英語で話したりとか
しているんですね。

 

それはもちろんいっぱい歌が売れた方が
良いので、関西弁で歌われるよりは
標準語で
歌った方が売れるじゃないですか?

 

それと一緒の考え方ですね。

 

僕らが学ぶのは

「スタンダードアメリカンアクセント」
「Standard American Accent」

もしくは「ジェネラルアメリカン」
「General American」

これは同じ意味ですが
これを学んでいきたいと思います。

 

という風に今日のまとめに入りますが
基本的にこれからやっていくのは
英語の発音というのを声の出し方から
変えていくというところを特徴に訓練
していこうと思います。

 

機長アナウンスを先程私が
しましたけれども、あんな感じの発音を
目指して頑張っていきましょう!!

 

今日皆さんにやっていただくことは、
先程の機長の音声を録音して
保存してみましょう。

 

今この講座を始める前の発音を
録音しておく事で訓練を通じていく中で
どうやって変化していったのか分かるので
これを必ず皆さんやってください。

 

そして音声を録音できた人は僕に
送ってください。

ということで今日の動画は以上になります。
はい、お疲れさまでした。
失礼しました。