【vol.2】 あなたの英語がネイティブに伝わらない本当の理由とは?

※文字での表記に限界があるので、
発音レッスン動画を見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

動画講義 第2という事で
発音の話をしていきます。

 

日本語と英語の圧倒的な発音の違いを理解しよう
というテーマでやっていこうと思います。

 

皆さんこの動画を見る事で発音向上への
2つのコツがわかります
そして声はどうやって出来ているのか

 

また、子音と母音がどうやって
作られているのかそして日本語と
英語の声の出し方の圧倒的な違いというのを
理解することが出来ます。

 

よく言われるのが舌の位置を見様見真似で
訓練していきましょうというのをよく言われますが
これが国際音声記号、フォニックスです。

 

 

こういう変な形をしているやつなんですが
もしかしたら見たことがあるかもしれないですが

こういうのを
インターナショナルフェネティックイングリッシュ
「International Phonetic alphabet」
と言うのですがこれを学んでいきます。

 

この一つ一つの単語がどれかに当てはまります。
こういうのをフォニックスと言ったりしますが
フォニックスをマスターしてもネイティブと同じ
口の形や下の位置を真似してもやっぱり発音が
うまく伝わらないということがあります

 

あとは、フォニックス単語レベルで発音できても
文章になるとうまく発音ができないとか、日本語の
声の出し方でフォニックスをマスターした後に
発音すると発音してもうまく聞き取ってもらえない
というのはいわゆる問題がいくつもあるんですね。

 

まずは一番変えやすい国際音声記号と言われる
フォニックスではなくて、声の出し方を
変えていきましょう。

 

これがこの講座でやっていく内容に
なっていくんですけれど、みなさんが日本語を
話すときのような発音で英語を話してしまって
凝り固まった日本語の発音方法をほぐしていく
訓練をして英語らしい声を作っていくというのを
やっていこうと思います!!

 

結論ですが

日本語と英語の声の出し方は違うんだ
という事を
まず理解すること。そして
どう違っていて、どう変えていくのか

というのをしっかり理解していく
のが第一歩かなと思っています。

 

そしてこの講座を通じてまずは理解していく中で
トレーニングをやっていきますけど
トレーニングで解決できるんだということを
少しずつ捉えていただきたいと思います。

 

そもそも何故発音が皆さん苦手かという事に
ついてですが、単純に声の作られ方が
違うんですね。声がどういう風に
作られるのかというと

 

吸い込んだ息をポンプのように外へ外へ送り出す

 

 

外に送り出していく時に、声帯という所(赤い所)に
息が触れるんですね。そして声帯のヒダヒダが近づいたり
離れたりして摩擦が起きて、それが声になって発音される
というのが声の基本的な声の作られ方です

 

そもそも声帯というのは何かというと
喉仏の出っ張った所にあります。

 

 

一秒間に何百回という開閉運動を
することによって出したい声を操る事が出来ます。
この開閉運動によって息の流れが開かれたりする事で
いろんな高さやいろんな質の声が出るんですね

 

喉仏の少し下あたりに手を当てた状態で
声帯を感じてみてください。そうすると
二種類の音が出せることに気づくと思います

 

1つ目は無声音と呼ばれるやつなんですが
字の通り「すー」っと息を強く、でもなるべく
音がならないように発声するのですが
声帯が振動しないんですよ。

 

2つ目は有声音と言って「ずー」という音を
出してみてください。この音を出すと声帯が
しっかりと振動するので、指に振動がしっかり
伝わってくると思います。

 

基本的に音というのはこの
「無声音と有声音」しかなくてこの2つを
上手く操りながら英語を喋っていく
という事が必要になってきます。

 

この声帯が口の中の息の流れを変えることで
口内でいろんな音色に変化するわけですね。

 

開いたり閉じたり、開いたり閉じたり
すごいスピードでやっていくわけですよ。
それをうまくコントロールしていきましょう!!

 

ということは発音を根本的に変えるのは
声の出し方、もっと言えば息の流れを
上手くコントロールしていくという事が
大事になってきます。

 

英語といえば子音と母音というのが
ありますけれども日本語も同じです。
声帯同士が離れていると、摩擦が
起こらないので息が抜けます。

 

という事は共鳴しないから音が出ないんですよ。
これが子音の招待です。子音というのは音が
しない事を言うんですね。子音は口の中の
息のからみによって作るんですけど

 

この「s」さしすせその「す」じゃないですよ。
これは息を歯に当てるイメージでやって
いただきたいです。どうやって頑張って
息を歯に当ててもこの音しか出ないんですね。

 

いわゆる摩擦が起きていないので
息が抜けているんですね。
これが子音の正体です。基本的に
子音というのはこう出します。

 

ここまでで大事なのは

 

声の出し方という所が大事で
声の作られ方というのをしっかりと
理解する上で声帯って何なの?
という開いたり閉まったりというので
息の流れを変えてこういう声が
作られるんですね。

 

次は日本語と英語の声の出し方の
違いを見ていこうと思います。

 

日本語と英語の声の出し方には
圧倒的な違いがあります

 

日本語というのは基本的に同じ
音程ですよね。平べったい感じが
しますし、イントネーションが少ない。

 

山あり谷ありが少ないということですね。
例えばこんにちはと言う時に日本人だったら

「こ→ん→に→ち→は」

と言いますが、外国人は

「こ↑ん↓に↑ち↑わ↓」

と言いますよね。

「み↑な↑さ↑ん↓、こ↑ん↓に↑ち↑は↓」

 

と言うと思うんですけれども
同じ音程ではなくて音に波がありますよね。

 

これが日本語の平べったい感じと
全然違うんですよね。なんでこの音になるのか
というと日本語は基本的に口先だけで発声します

 

 

口の先っぽだけで。喉の奥から声を出している
感じがしませんよね。

 

口先だけで話していくんですね。
弱く短い息で成り立っているんですね。
なんかボソボソ話していても通じますよね。
これが日本語の特徴です

 

こういうのを胸式呼吸といいます。
もちろん息は肺まで入っているのは
確かなんですが、入りが浅いので
出す声も響きが浅い声になってしまいます

 

あとは特徴としては子音と母音が一緒に
発声されるという所があります。

 

どういう事かというと

「母音と子音」と言う時に
アルファベットで書くと

ボ(bo)イ(i)ン(n)と(to)
シ(shi)イ(i)ン(n)

 

こうなると思います。

 

この日本語って ボ(bo)と言う時に
「お」が入りますよね。

 

と(to)と言う時には「お」が入りますね。
シ(shi)と言う時には「い」と言いますよね。

 

いわゆる単語の語尾に母音をくっつけているんですね。

 

ではプラスチックでは Plastic(う)と「う」を
つけてしまうんですね。

でも英語ではこの音はないんですね。

日本語の発声方法のままその感覚で
英語を喋っちゃうと

Plastic(う)と言ってしまうんですね。

 

だから通じないということになってしまいます。
だから日本語と英語の声の出し方というところを
勉強するところが大事になってきます。

 

では英語はどうやって発生するのかというと
日本語と違って深い響きを持つんですね。

 

なんかアメリカ人とかが映画で喋っていると
何となくカッコいいですよね!

 

なんか日本人には出せないような
カッコよさがあるじゃないですか!!
あれはどこから来ているのかというと
声の出し方が違うんですね。

 

ハリウッド俳優だからとかではなくて
声がカッコいいんですよ!!

 

声の出し方が原因だったんですね。

 

肺の奥底まで息を入れるので
それが帰ってくるので、響きが豊かになる。
そしてたくさん共鳴します。

 

声を口先だけではなく、口の奥に
引っ張るような感覚で英語は話します。

日本語は口の先っぽだけで発音している
けれども英語はしっかり奥の方で発声します。

 

腹式呼吸で発声するのも、日本語と違います。
日本語は胸式呼吸と言って肺までは
行くんですけど胸の方で終わってしまう
みたいな感じなんですけど

 

英語は腹式呼吸なので、奥深くに入ります。
なので出てくる声も大きかったり深みが
あったりするんですね。

 

あと子音と母音が別々に発音されるんですね。
先程のプラスチックも同じですが


「su pa i shi」スパイシー
ではなくて
子音の「s」の音に次の音を持ってくる感じなんですね。

 

いわゆる

 

子音=行きの摩擦を作っている。
母音=音の音色を作っている。

 

この辺はざっと感覚を掴んでもらえれば今回は大丈夫です。

 

今回の記事で大事なことをまとめると
・発音の記号は難しい(フォニックス)
から声の出し方を変えていこう!!

・声を変えたほうが変化を早く感じられる

・声はどう作られているのかを理解する。
そして声帯が開いたり閉まったりする事で
息の流れが変わり、声が変わる。

・ぼそぼそと口先だけで話す日本語とは違って
英語というのは腹式呼吸 、肺のそこから息を
押し上げて口の奥の方に引っ張る

 

ここまで学んでいただければ大丈夫です!

それでは~!!