【vol.4】ボーカルフライを知らないあなたは時代遅れ?!

※文字での表記に限界があるので、
発音レッスン動画を見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

ボーカルフライとストレスの付け方です

 

この動画の内容を実践することで
女性はセクシーさ、男性はかっこよさを
声の出し次第で演出できるようになって

 

モテる英語をマスターすることができます。

 

アメリカ人とかの男性女性の英語が
かっこよく聞こえるのは声の出し方一つで

 

カッコよさを出したり、セクシーさを
出したりができているからなんですね。

 

僕らも是非真似していきましょう。

 

という事でまずはアクセント
つまり抑揚ですね。

 

音の抑揚の浮き沈みがはっきりした
英語らしい発音をなんでそういう
発音ができるようになるのかという
理由も説明していきますし、そうすることで

 

日本人特有の平べったい発音から脱却し
自分の発音に自信をつけることが
できると思います!!

 

具体的訓練方法とかは次回以降の記事で
出していきますが、今回の記事は知識を
増やしていく段階ですので

 

まずは、なるほどなるほどと
読んでほしいと思います。

 

結論から行きますが、セクシーさや
カッコよさアクセントや浮き沈みの
はっきりしている英語を身につける為に
ボーカルフライを学んでいきましょう。

 

ボーカルフライというのは
声が打ち切ったときに残る喉の
「カラカラ」となる唸る音のことです。

 

そしてストレス音というのはどうしても
英語はストレスつまり強弱を基準に
発生される言語で

 

強弱がなめらかな波のような形の波形を
打つようになってそれが英語っぽく
聞こえるんですね。

 

まず、ボーカルフライの方から
見て行きましょう。

 

ボーカルフライというのは
整体テクニックの話術の一つで
日常の一部としてなんの違和感もなく
使われているんですね。

 

なにか特別なことをやっているわけでは
なくて日本人が日本語らしく話すように

 

例えば3分の2の女子大生は
ヴォーカルフライを使って会話を
していると言われています。

 

使うことででセクシーさが
出せるから使われているんですね。

 

Vocal=声
Fry=揚げる

という2つの音を組み合わせた言葉が
VocalFry(ボーカルフライ)なんですね。

 

なぜフライなのかというと、会話の途中や
文末に揚げ物をする時に鳴る唸り声のような
あんな音を意図的に出すバイブーレーションの
低音を出すのがボーカルフライになってきます。

 

コツとしては
①カラカラ音
②脱力音
をしっかり意識することです。

 

カラカラ音というのは
声を落ちきったときに残る喉の
「カラカラ」という唸る音の事です。

 

途中から声の要素を失って
ある種の振動「カラカラという音」
だけが残るそういった音です。

 

カラカラと音がなっている
領域のことをボーカルフライと
呼んでいます。

 

例えばサッカーという単語ですね。
英語のサッカーはSoccerの「R」の音を
話したときに音が脱力して落ちていきます。
そういうイメージです。

 

 

脱力して「R」と発声するとカラカラと
聞こえませんか? そのカラカラした音が
ボーカルフライです。

 

ボーカルフライが音の後に残るだけで
男性だったらカッコいい音になり
女性はセクシーな音になるんですね。

 

喉に手を当ててみるとわかるのですが
日本語のサッカーだとあまりビリビリと
振動しませんが、喉がカラカラ音を
出しているときはちゃんとビリビリすると
思います。

 

脱力した状態でリラックスしてため息を
しているように話すのが英語なんですが

「Socce↑」と音を上げて
「r」で音を下げる感じ

 

投げたボールが地面に落ちるように
声のトーンを落とします。

 

この脱力感が英語らしい滑らかな波を
描くような発音を作っているんですね。

 

脱力する脱力しない、上がっていく
アクセントによって浮き沈みが
はっきりした英語らしい発音になります。

 

そして基本的に英語は低い声で話すと
自信に満ち溢れているように聞こえて
好印象なんです。

 

逆に高い声というのは耳障りになって
相手に悪印象を与えてしまうんです。

 

男性の方は特に低い声で話す
という事を意識してみてください。

 

この脱力音というのは完全に
脱力した時に出る音でもっと力が
抜けたときに出る音なんですね。

 

この英語独特の力を抜きながら発音する
感覚をこのあとのトレーニングを通じて
しっかりと練習していきたいと思います。

 

今回はボーカルフライというのが
フライを揚げる時のような音で脱力しながら
出していくという知識というところだけ

 

そしてその音がネイティブらしい
男性だったらカッコいい
女性だったらセクシーさを出している
というところだけを理解してください。

 

次は②のストレスについてです
ストレスというのは精神的ストレスとかでは
なくて発音のときのストレスというのは
その単語の重心となると音のことを言います。

 

重心になる音のことを
ストレスアクセントと言います。

 

コーヒーだったら
Coffee[kɔ́ːfi]のようにストレスを置く
「母音」が記されている。

 

コーヒーの「Co」を強く読んで
気持ち長く読んでいるんですね。

 

この「ː」マークは少し長めに読むという
意味があります。

 

そして「O」の上に記されている
「’」マークは強くという意味があります。

よく辞書に載っている発音記号を
読めるようになっていきたいですのですが

 

大雑把に話していくと
「’」マークがある時は強く

そしてちょっと長く読むというのを
やってもらうと英語っぽくなります

 

面白いことにこのストレスは
母音にしか来ないんですね。
子音には来ないです。

 

Kのような子音の音を強く
読むということは難しいからです。

 

つまり基本的に母音のところが
ストレス、強く読むということです。

 

英語の中には同じスペルなのに
名詞になったり動詞になったりするんですね。

 

 

同じスペルなのに、名詞になったり
動詞になったりする単語があるんですね。

 

これはストレスの場所、長く読む場所に
よって名刺や動詞や形容詞などになるんですね。

 

その一例として、「Increase」
前にストレスを付けると名刺になり
後ろに名詞をつけると動詞になります。

 

動詞になったり名刺になったりする単語が
多々あるので、そういったものに出会った時は

 

その都度覚えましょう。

 

こういう場合の基本的なルールは
ストレスが前にある場合は名詞
ストレスが後ろにある場合は動詞です。

 

次です。
英語はストレスを基準に発生される
言語ということです。

 

これは先程説明しましたが、英語で言うと
Stress rhythm language」
(ストレスリズムランゲージ)となります。
ストレスをリズムにランゲージという事です。

 

強く読んだり弱く読んだりする
アクセントとかがストレスが基準に
発声される言語ということですね。

 

英語は英語特有の波打つ発声になります

 

 

面白いのが
波が交互に発音されるので日本語みたいに
平べったい発生方法にならないんですね。

 

強調する重要な単語の事を
Content Words(内容語)と言います。

これはStressed Syllable(強勢音節)
といって強く読むところの事を言って
強く読むところの話なんですけど

 

フレーズの中で具体的な意味を持つ
重要な単語というです。

 

強く言うという事はそこは重要なので。

 

例えば動詞だったり形容詞だったり
副詞だったり、強調するような
ワードが出てきたら、ストレスを
おいて強く読んで、長めに読む

 

逆に言うと、軽く流す補助的な単語も
あるんですけどこういうのは
冠詞とか前置詞が多いですね。

 

「This is ”my‼” pen」とは
言わないですよね。

 

これらが英語らしさを
出してくる要素なのです。

 

今日のまとめです。

・ボーカルフライ
ストレスをつける
この2つを意識するだけで
女性はセクシーに男性はカッコよさを
出す発音を身につけることができます。

 

何度も言いますが発音記号をマスター
するのも大切ですがそれ以上に
声の出し方というのを変えていくだけで
全然違った発音が出るようになりますので

 

今回の内容記事を
何回も見て、しっかりアウトプット
した上で次回以降の実際に訓練していく
記事を楽しみにしていてください。

 

何事も覚えていくだけじゃなくて
トレーニングしていくだけじゃなくて

 

「なんでこんなトレーニングを
しないといけないの?メリットは
なんで?なんで?」

 

というところをしっかり理解して
これからも頑張っていきましょう!

ではまた~