【vol.5】リズム音痴のあなたに悲報です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界があるので、
発音レッスン動画を見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は【発音講義5】ということで
リズム音痴は英会話取得に不利!?

 

というテーマでやっていきたいと思います。

 

この動画の内容を実践することで
・日本人だからこそリスニングが
苦手な理由を理解できます。
正しい文法で話しても伝わらない
 「発音上」の理由がわかります。

 

実践で実際に使えるような英語を
勉強するためにもすごく大事な
分野になってくるので

 

しっかりとこのリズムの話を
今回の記事で理解して欲しいと思います。

 

結論から言うと、日本語と英語の
リズムの違いというものがあるので
それを知りましょうということです。

 

日本語というのは
「強」だけのリズムを持つ言語です。

どういうことかというと

「お→は→よ→う」となります。
あまり「お↓は↑よ→う↓」のようには
なりませんよね?

 

そういうリズムが一定なんですね。

 

英語というのはそうではなくて、
強と弱の両方のリズムを持ち
それが交互に現れる言語なんですね。

 

例えば母国語が英語の外国人がカタコトな
日本語を話すと「お↓は↑よ→う↓」となるのは
英語のリズムのまま喋ってしまっているから
日本語にない「強弱」がついてしまって

 

不自然になってしまうわけです。

 

ということは僕ら日本人が英語をしゃべる時は
英語のリズムにそって英語を話していかないと
伝わるものも伝わらないじゃないですか・・・

 

今回はその辺を勉強していきたいと思います!!

 

リスニング力を上げる
そして伝わる英語を身につけるには
「リズム」を知る必要があるという事。

それでは具体的にどういう違いが
あるのかというのを

 

まず日本語から見ていきましょう!!

 

「私の名前はたくとです」

 

ボソボソ言っても通じますし
口先だけで話す言語ですからね。

「私↑の→名↓前↑は→
タ↑ク→ト↑→で→す↓」

とは言わないですよね。
日本人はあまり強弱をつけませんよね?

 

これが日本人特有のカタカナ英語で
日本語の感じで英語を話しちゃうと
どうなるのかというとこういうのを
[Syllable-times language]
(シラブルタイムスランゲージ)
といいます。

 

シラブルというのは
1つの音で発音されるまとまりの事です。

 

こういうのを
音節とも言いますけど
音節には必ず母音が一つだけ
入っています。

 

シラブルというのは
この記号(・)を使って単語を分けて
書いたりするんですけど

 

例えば
important

im・por・tant
こうなります。

 

in por tant
(太文字が母音)

 

つまりこの単語は
3音節なんです

 

spring

spring

[spring]は母音が一つしか
ないのでこの単語は1音節

 

日本人の感覚で、英語を読んでしまうと
このこの3つの中から一つに
分ければ良いと音節で区切っちゃうんですね。

 

すべてを同じように平べったく
発音されてしまうんですね。

 

一音一音拍を取るをとって
発音されるんですね。

 

つまり英語と日本語の
何が違うのかというと、日本語は
すべてを平べったく同じように発音する。

 

どうやって発音するのかというと
手で拍を取ってしまって

 

音節で区切って発音してしまうんですね。
これが日本語っぽい英語を話しちゃう
理由なんですね。

 

では英語はどうやって発音するのかというと

 

 

強と弱の両方のリズムを持ち
それが交互に現れるのが特徴です。

 

強く読むところを「ストレス」と言い
図では赤色で示しています。

 

「僕の名前はたくとです」
と日本語でいうと

 

「ぼ→く→の→な→ま→え→は
→た→く→と→で→す」

 

となりますが、英語で読むと
図のように強弱がついて発音されます。

 

これがネイティブ英語、いわゆる
[Stressed-times language]

 

ストレスを中心に発生する言語なので
[Stressed-times language]
(ストレスタイムスランゲージ)
と言われています。

ストレスでリズム取りながら
図のように「弱強弱強弱強弱強」
というのを交互に現れながら

 

発音されるのが英語です。

 

ということはストレスで
拍をを取れば良いんですね。

 

先程の日本語は音節で区切ったので

 

This・is・your・captain・speaking.
Welcome・aboard・on・this・flight
Z2665・bound・for・Osaka・japan.
We・are・flying・at・thirty・nine・thousand

となります。

 

ですが英語はストレスで
拍を取るのでこうなります。

 

 

全然違いますよね?
まずどうやって話すかは別として

 

日本語と英語にはリズムの
とり方に違いがあって、そして
それがどれだけ言語に影響を及ぼしている
のかが分かったと思います。

 

そうしたら、実際にどうやって
リズムととっていくのかというと

 

そもそもなんで日本人が英語の
リスニングが苦手なのかというと
日本語のリズムを読むようなまま
英語のリズムを聞いてしまっているからなんです。

 

日本語にある強いリズムはよく
聞こえるんだけれども、青色の弱いところが
聞こえないわけです。

 

 

慣れていないんです。
だからこそ、「弱」のリズムの音が
聞き取れないから

 

[is][your][on this flight]

 

前置詞であったり冠詞のような
弱く読まれるところというのは
かすかな音しか聞こえないので
聞き取れないということになります。

 

なので強弱のリズムをしっかり
理解して訓練していく、弱い部分が
聞き取れるようになるので

 

リスニングが伸びるわけなんですね。

 

ヒアリング力が伸びるので
音を聞き取る力が伸びます。

 

リスニング力も伸びます。

 

ヒアリングとリスニングというのは
ちょっと違うんですけど

 

ヒアリングというのは音一つ一つを
聞き取る事ができるニュアンスを言います

 

フォニックスと言われる発音記号を完全に
習得している耳になります。

 

音一つ一つの音が綺麗に聞き取れるように
なるというのがヒアリングです。

 

リスニングというのは会話を
理解するという事です。

 

リスニングというのは会話を理解する力です
ヒアリングというのは音を聞き取る力です

 

全く別物です。

 

皆さんはリスニングをの力をつけたいから
すぐリスニングの練習から始めますが

 

そんなの不可能ですね。

 

日本人も「あいうえおかきくけこ」の音が
ヒアリングができているからこそ

 

言葉としての単語レベルで話が
聞けるようになってきて

 

「青色のボール」とか文章として
理解できるようになるんですね。

 

なのでまずは
ヒアリングの力を
上げていくのが大事です。

 

こういうリズムに沿って話すという事を
練習していくと、発音がスムーズに
なっていくので、話せば伝わる素晴らしい
英語になります。

 

「強」のリズムに慣れている日本人でも
「強弱強弱」のリズムで読むことが大事だと
わかっていただけたと思うので

 

日頃の音読からこういうところを
気をつけていきましょう。

 

「弱」のリズムのとり方ですが
[強」は簡単なわけですよ。

山谷でいうと山のところです。
それは簡単で強く発音するだけです。

弱いところというのは弱く発音する
いわゆる曖昧に発音するんです

 

曖昧に発音する母音の訓練が
必要になってきます。

 

この辺は詳しく訓練をしていきますが
今回は弱く読むイメージで大丈夫です。

 

弱く読むという意識だけでも変わりますよ!
We→ are→ じゃなくて

 

これだけでも全然違いますね。

 

上の図のように波をつけると
全然違います。

 

このような感じに強く読む読めば
良いし、弱い所は弱く発音、
曖昧な発音をするんですね

 

結局タイミングが重要なんですね。
強く読むタイミング弱く読むタイミング
英語のストレスと呼ばれるところを勉強すれば

 

英語らしいリズムというのを
作れるようになります

 

もちろん英語らしい「リズム」で
話す事ができるようになると

 

聞き手は聞きやすいわけです。

 

では今から日本語で
変なリズムで話しますね。

 

聞き取りにくいですよね。

 

リズムがバラバラだと
文法的にいくら正しい
日本語でも伝わりにくくなります。

 

こんな喋り方で話されたら
聞き取れることも聞き取れなくなりますよね?

 

ということは、僕たちがリズムを
勉強せずに日本語をしゃべるような感覚で
「強強強強強」っていうリズムで英語を
話すという事はこういうことなんですよ。

 

いかに恥ずかしくて伝わらないか
というのが理解できたと思います。

 

「素晴らしいリズムで
話すことができると
聞き手は楽にあなたの
英語を理解することができる」

 

というこの文章を英語に訳したら
このようになります。

 

[They can understand your
English easily if you speak with
good rhythm of Naive American.]

 

という感じに「上下上下上下上下」
波を作っていかないと伝わるものも
伝わらないんですね。

 

悲しいですが、ここまで勉強しないと
英語っていくら文章がスラスラ書けるように
なっても話しても伝わらないというのは
こういうことなんですね。

 

じゃあネイティブは特に映画とか音楽とかを
聞くときに、ストレス音じゃない時に
弱い音は聞き取りにくいと思うんですけど

 

これどうやって聞いているのかというと
すべての音に耳を傾けるわけではなくて
「ストレス音」を大雑把に聞いているんですね。

 

強い言葉のところに「ストレス」が乗っているので
それは何なのか大体わかりますよね?

 

山のところだけを読むと

Flying thirty thousand

This captain
Welcome Bound

なんかわかります?
なんとなくわかりましたね。

 

もちろんネイティブはもちろん
全部聞き取れているとは思いますけど

 

ストレス音を強く読まれる所だけを
しっかり耳に傾けて聞いているからこそ
あれだけスラスラ早く喋っていても
意味が
理解できるわけです。

 

今日のまとめに入っていきます。

日本語と英語に話すときに
リズムの違いがある以上日本語の感覚で
英語を話すといくら文法があっていても
通じない英語になってしまう悲しい現実に
なっちゃうので、僕たちは文法を学んで
正しい語順で話すことも学びつつ
英語を作っていくことはもちろん同時進行で。

音読したときに変な癖がつかないように
早い段階で「強く読む弱く読む」という
英語らしいリズムを勉強してそれで音読を
していく中で体に落とし込んでいくのが

必要になっていきます。

 

そういう話でした。
凄くシンプルな話なので
ぜひ皆さん覚えて帰ってください

 

それではいつもどおり
いつもの例文を録音してまず自分なりに
強く読むところと弱く読むところを決めて
「山谷山谷山谷山谷」で「高い低高い低い」

 

という感じでストレスの波を作りながら
読んでいく訓練をまずしていきましょう

 

ということで、今回の記事は終わりです。
次回の記事をお楽しみください!

ではまたー!