【vol.6】ネイティブに1歩近づく2大手法「リンキング」と「リダクション」とは?

※文字での表記に限界があるので
   発音レッスン動画を見ながら
この記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は発音の講義の6個目という事で
リンキングとリダクションという話を
していこうと思います。

 

多分英語の音声を聞いて
「今なんて言ったんだろう?」

 

っていうところって大体単語わからない
というよりも知っている単語でも知っている
単語同士がくっつくと音が変わったりとか

 

もしくは音自体が抜け落ちちゃったりとか
そういうところが原因だったりするんですね。

 

なので今回はリンキングとリダクションの
仕組みの所を勉強していきましょう。

 

いつもどおり、仕組みを勉強
するんですけれども訓練していくのは
また後の話です。

 

とりあえず今日のところは
リンキングとリダクションって
なんなんだろうというところだけ
しっかりしていって理解してください。

 

この動画の内容を実践することで
リンキングとリダクションの仕組みを
理解することができ、聞く回数、
話す回数を増やす事で

 

英語の聞き取り能力を上げる事ができる

 

結論です。
リンキングというのは文章中で
特定の単語の末尾の音と直後の
単語の戦闘の音が連結して違う発音に
なる事なんですけど

 

これはどういうことなのかというと
リンキングというのは

 

発音記号通り読むと
[in front of]となりますが
実際はこんな事言わないんですね。

 

例えば
[I was sitting in front of you.]

 

なんて言わないですよね?

 

front[t][of][o]が繋がるんですね。

 

offとかyとかyの音がつながって
このようになります

 

この辺の仕組みもまた勉強していきますけど
こういう事がリンキングといいます。

 

ではリダクションとは何なのかというと
音が脱落したり、弱化したりする現象の事で

 

 

例えば[Good night]なんて言う人は
いないですよね?[good night][d]
読まないのがリダクションです。

 

こんなことを今回はある程度仕組みを
勉強していくんですけど、仕組みも
勉強しますけどいちばん大切なのは
よく聞いて何回も何回も聞いて喋って
なれていくという事が一番楽かなと思います。

 

まずリンキングの仕組みから見ていきましょう。
リンキングというのは文章中で特定の単語の
末尾の音と単語の戦闘の音が連結して違う
発音になる。ということなんですけど

 

こういう事が起こるのを
リンキングといいます。

 

どうしても英語というのは
前々回の記事でしたように
「流れを止めずに一息で
   文章を読むよ」

という話をブレスブローの
単元で説明しましたけど

 

こういう風に喋るので
各種の音が自然とつながるんですね。
なので、さっきの文章の

 

[I was sitting in front of you]
これも一文を一息で読むんです。
喉を開いた状態で流れを止めずに
一息で読むのでこんな感じになります。
大げさにやってみますね。

 

こんな感じです。

 

この辺の訓練をしていこうと思います

 

では、そもそもフレーズというのは
どうやってできているのかという話ですけど

 

音ですね。

 

例えば[t]の音と[of]の音が
一緒になる。

[i][n]という2つの音が重なって
[in]という単語になって。それがこのように
フレーズとして使われるんですね。

 

こうやって言語ができているわけですけど
英語というのは音がつながって単語になって
単語がつながってフレーズになるんですね

 

英語の独特の喉を開いた状態で
一つのフレーズを一息で発声する
ダラダラと低い声で発生する

 

というところを意識すると
英語っぽくなるんですけど

 

日本語というのは何かというと
口先だけでで声門(喉)を
閉じて閉じて閉じて閉じて
切って発音するんですね。

 

英語の音は
喉を開いた状態で発声
している
んです。

 

日本語と英語って声の出し方が
違っているんですけど、まあその辺は
今までやってきました。

 

そういう単語同士の集まりという音を
[group of words]と言います。

 

この[group of words] 単語同士の
集まりが一つの文章で色々とあって

 

チャック発音と言って、具体的な
最低限な塊の事を言うんですけど

 

[in the right]というと具体的な
意味はわからないですけど

 

[in the right direction] というと
具体的な意味がわかりますよね?

 

簡単に言うとこの文章
[Welcome aboard]ぐらいは
少なくとも一緒に読まないといけないし

 

[on this flight Z2665]
※ちなみに[Z2665]というのは
飛行機の番号の事

 

[on this] を切ってしまうと
なにかわからないですよね?

 

[ON this flight] ぐらいまでは
最低限一緒の塊「チャンク」です。

 

最低限の具体的な意味を
成す単語の塊なんですけども

 

これが少なくともまとめて
言わないといけない訳ですね。

 

例えば[We are]だけでは
わからないですよね。

 

[We are flying] これぐらいは一つのチャンク
として見ないといけない。

こういう[Group of words] といって単語同士の集まり
というのは少なくともあるわけで
この辺をしっかり理解した上で
やっていきましょう。

 

もちろん[group of words] 単位で話が方が相手に通じやすく
そして逆にバラバラだと聞こえづらい
というのは日本語でも同じですよね?

 

例えば
「フレー ズの中 で単 語
 ひとつ ひとつを」 
と言われてもわからないですよね?

 

何も間違った
日本を喋っていないのに

[group of words]が
ぐちゃぐちゃすぎて

バラバラで伝わりにくいんですよ。

 

日本語なんかそんな事しないでしょと
思うかもしれませんが

 

英語になると思ってもない所で
結構こういう事が起きちゃっているんですね

 

なので音読をしている際も
一息で読むそして、低い声で読む
ゆっくりちょっとダラダラと読む
横はつなげて読む 声を後ろに引っ張る

 

そして[group of words] というので単位を少なくとも
守った上で読んでいくという事を
意識しながら音読をしていかないと

 

間違った形で音読を
してしまって書けるようになるけど

 

話す時に相手に
伝わらないというように
なっちゃいますので
気をつけていきましょう。

 

ではそんな感じで知識を増やしていく
のはとても大事で繋がりのパターンを
知っていく訓練をしていきます

 

何個の記事になっていくかは
わかりませんけど、しっかり
訓練していきますし

 

この訓練というのが
リスニングの能力を左右していきます。

 

場数を踏む
聞く回数を増やす
話す回数を増やす

 

こういうことをやっていく中で
どうしてもパターンがあるんですけど
それが多すぎる分典型的なパターンを
通じて基礎的な把握ができても

 

それですべてのパターンを
把握できる訳ではないので

 

多くのリンキングに自然に触れて
そして実際に喋っていく中で実際に
喋れるようになるというのが

 

一番スムーズかなと思います。

 

そして次はリダクションの話ですね。
リダクションというのは

 

音が脱落したり弱化する現象の事です。

 

発音されるはずの音がほぼ
聞こえないぐらい静かな音に発音される。

 

ネイティブが話す口語的な英語で
特に呼ぶ使われる言い回しはかなり
省略して発音されるのでそれを
見ていきましょう。

 

例えばこれ
[Did you eat?]
この単語がもっと
ネイティブになってくると
[jeet?]となります。
[jeet?]で[Did you eat?]が
成り立ってしまいます。

 

こういうのがおそらく言うんだと
知っているだけで知識を増やすのは
大事だし[Did you eat?]って

 

食べた後に聞く事が多いじゃないですか?

 

そういうのを覚えていた方が
早いんですね。今日からご飯を
食べたあとに、誰かに聞きたかったら
[jeet?]と使ってみたください。

 

英語をそれなりに勉強していくと
皆さん勘違いしてしまうんですよ

 

特に日本で勉強している人は
良いんですけど
・フィリピン留学
・アメリカ留学
・イギリス留学

留学してきた人が言うことが
外人の英語が聞き取れるように
なってきたと言う人が
いっぱいいますが

 

あれは勘違いすぎて
英語って聞けば伸びるものじゃ
ないんですよ。

 

僕はスピードラーニングを
4、5年やっていたんですけど
4,5年やって成果は出ましたけど

 

そんな数ヶ月とか
1,2ヶ月の留学で
伸びるわけないんですね。

 

単に、学校の先生や友達とかが
皆さんの英語のレベルに合わせた
ように発音してくれているんですよ。

 

僕らが日本語で話しかけてくれたりとか
日本語が頑張っている生徒さん、お友達に
普段喋っているような、難しい単語を
普段喋っているようなスピード感で話しますか?

 

そうじゃないじゃないですか。
やっぱり合わせますよね。
英語も一緒です

 

変に勘違いせずに
ひたすら訓練していくだけですね。

 

一番良いのは
[TOEIC] [TOEFL][IELTS]
そういう本格的な試験で
実際に点数化してみると
あのスピード感があれが
普段のしゃべる時の速さなので

 

あれぐらいができれば
良いのではないかと思います

 

しっかり客観的に第三者に
点数を見てもらうのが大事ですね。

 

今回の復習に入っていきます。

 

今回はリンキングとリダクションの
話をしてきました。

 

何故この勉強をしたか
というと単純にこういう事を
知っておかないと

 

正しく喋れてもつながるとか
抜け落ちちゃうとかそういう仕組みを
知らないとちょっと聞き取れない物が
多々出てくるので仕組みを勉強しましょう
というのと

 

結構知っちゃえば「Did you eat?」は
「Jeet?」というのがわかりますよね?

 

結構覚えていくだけで楽しいと思うので
「ここまで短縮するんだ!」
「こんなところ抜けちゃうんだ!」

 

というところも勉強になると思うので
また具体的にやっていくところまでは

 

今回は仕組みのところを
頭に入れておいてください。

 

まあ練習していくところまで
楽しみにしていてください。

 

お疲れさまでした!
それではまた~