【vol.15】コレだけは注意!半母音『R』を発音するときにやってはいけない〇〇とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界があるので、
発音レッスン動画を見ながらこの記事を
見てください。よろしくお願いします

 

今回はボーカルフライ、半母音の
「R」の音についてやっていこうと思います。

 

「R」が苦手な人が多いですけど
今日はしっかりマスターしていきましょう。

 

「R」と「L」の音の違いが出せるだけでも
英語が相手に伝わりやすくなるので
是非マスターしていただきたいと思います。

 

前回と同じように
今回は「R」です。

 

そして「rrr RAH rrr RAH

こんな感じで練習していこうと思います。
大事なのはR」の音は舌を丸めて唸る
というのが一つポイントになってきます。

 

恐竜が「ゔぅぅぅぅぅ」
言っているみたいに動物が
威嚇しているみたいな音になります。

 

そうしたら、これを練習していきましょう。
大事なのは英語っていうのは一息で話すので
全部止めずに「rrr RAH rrr RAH」

 

止めずに一息で話すということ。
そして声を後ろに引っ張る、そして
英語というのは音が落ちるんでしたね。

 

「E」とか「I」とか「A」とかの
ストレスがアクセントがかかっている
ものから落ちていくイメージなので
その辺を意識しながら練習していきましょう。

 

今回どうやって「R」をやっていくのか?
「R」は舌を丸めて唸ってから
「R」を出すという感じです

 

いきます!
「rrr RAH rrr RAH rrr RAH rrr RAH」

 

こんな感じです。それを踏まえて
・rest
・rice
・rain
をやっていきましょう。

 

いきます!
「rrrrest,rrrrice,rrrrain」

 

こんな感じになります。
ではコレを5回ずつ
練習していきましょう。

 

僕の後に続いて
シャドーイングしていきましょう。
「rrrrest rrrrest rrrrest rrrrest rrrrest
「rrrrice rrrrice rrrrice rrrrice rrrrice
「rrrrain rrrrain rrrrain rrrrain rrrrain

 

こんな感じです。何度も何度も
記事を読んでこの音を出せるように
頑張りましょう!

 

今日の「R」の音
半母音の「R」
音が出せるようになると
ボーカルフライの3分の2が
終わることになります。

 

皆さん、この音をマスターして
少しでもネイティブに近い
発音を手に入れましょう。

 

次回の記事でまた
お会いしましょう

それでは~