【vol.24】凡人がアメリカ発音TとDをマスターした凖ネイティブになる「たった2つの選択」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界があるので
発音レッスン動画を見ながら
この記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は「nt」「nd」
母音とセットで変化するという
テーマでやっていこうと思います。

 

「t」の音は変化が出てきますよね?

 

今回はその中でも
「count on」この単語そして
「stand up」この4つの単語を
使って見ていきたいんですけれども

 

「nt」「nd」が後ろの
母音とセットで変化します

どう変化するのかと言うと
最後の「t」が消えるんですよ。

 

だいたい変化する時消えますよね?
消えて言いやすい方で繋げる
みたいなのが結構ありましたけど

 

今回に関しては
「count」「t」
音が抜けてその前の「N」
後ろの「O」がつながって

 

「non」のような
感じの音になります

 

ここの「n」と
この「o」が繋がるので
こんな感じになりますよね。

 

これはどうやって
発音するのかと言うと

「count on count on
count on
  count on」
こうなります。

 

例えばよく使うのが
「I count on you」というと
「私はあなたを信頼してるよ」
「任せるよ!頼んだよ!」という感じです。

言ってみましょう!

 

「count on count on count on」

 

次行ってみましょう!
次は「stand up」
これはどうやって発音するのかと言うと
「stand 」「d」がndのdなので
後ろが母音がなので消えます

 

コレが切れて、残ったNとUが
繋がってこんな感じになります。

 

そうするとどうなるのかと言うと

 

例えば「立ち上がってください」
「please stand up」 

 

こんな感じになります
はい、僕と一緒に今から
5回ずつやっていきましょう

 

「I count on you I count on you 
  I count on you  I count on you
  I count on you」

「please stand up please stand up
  please stand up  please stand up
  please stand up」

 

はい、どうでしたでしょうか?
今回は「nt」「nd」が母音と
セットで変化するという
テーマでやってきました。

 

こんな漢字で「nt」「nd」
最後にある時は「その次は母音がないかな?」
と調べてみて、母音があればこんな感じで

 

「d」が消えて「n」が後ろの母音と
繋がるという様な事がパターンなので

 

是非是非普段の音読に
取り入れてみてください

 

今回は以上になります。
お疲れさまでした~
またの記事でお会いしましょう

それでは~