【vol.30】使ってはいけない「ヤバい」英単語「You」の発音の仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界が
あるので発音レッスン動画を
見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は単語終わりの音が
(t,d,s,z)+youの時に
音が変わりますよという
テーマでやっていきたいと思います。

 

これ気をつけていただきたいのが

 

この単語のスペルじゃなくて
音が[ttt ddd sss zzz]この音が
この音がこの音になっている時と
Youがその後ろについている時

 

Yourとかですね。

 

が続いている時に音が変わりますよ
というのをやっていこうと思います。

 

例えばこの一番目の文章
普通に切って読んでいくと

これを英語では
・なめらかにアクセント
・一息で読んだり
・声を後ろに引っ張りながら
・リンキングやリダクション

 

その辺をやってきましたけど

今回は(t d s z)+youの時
音が変わりますよという
テーマでやってきているので

 

ここ見ていきたいんですけれども
[t]がありますね[u]がありますね

 

ここ、どうなるのかというと
tuが繋がる時は tu tu tu
チュッパチャップスのtu になるわけですね。

[I get your point]

 

最後のtは読まない
[t]ですね。最後の[t]です。

 

この[t]と[u]が一緒になると
get you 「チュ」になるので
[I get your point]になります

 

次です。今度はBlesss
スペルじゃなくて
音に注目してください

 

[s s s]この音と
[u]がセットになるとシュに変わります

 

なので「bless you」

になります。

 

Bless you じゃなくて
Bless you

 

このshのシュの音になります。

 

その他にも
[Could you〇〇○]と言いますよね?

 

これも[d]の音と後ろの[u]が一緒になって
「じゅ じゅ じゅ じゅ」になります。
読むと「Could you」

こうなるわけですね。

 

次です。今度は普段使うこの文章ですね。
[This is your captain speaking]

 

この文章ですけど
この[is]の面白いのは
スペルは[s]ですけど

 

発音は[ssss]震える方の
有声音なんですね

 

なので[This is ssss]
これはこっちに当てはまる
わけですよ、Zの音に

 

これとYourが挟まると
「じゅ じゅ」になるわけですね。

 

[This is your captain speaking] こうなるわけです。

 

上の方から読んでいきますね。
しっかりシャドーイングしながら
読んでいきましょう。

I get your point
I get your point
I get your point
I get your point
I get your point

bless you
bless you
bless you
bless you
bless you

could you
could you
could you
could you
could you

This is your captain speaking
This is your captain speaking
This is your captain speaking
This is your captain speaking
This is your captain speaking

 

となるわけです。

 

何回も何回も絶対絶対
言えるようになるまで
やってみてください。

 

それでは今回は以上になります。
ポイントはスペルじゃなくて音に注目した上で

 

この音だったら後ろにUが来ると
ちゅ とか しゅとか じゅとかに
変わるということですね。

 

今回は以上になります。
次会またお会いしましょう!
それでは~