【vol.42】センスのない人のダサい練習あるある「前舌母音」編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界が
あるので発音レッスン動画を
見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は前回の続き
「Front Vowel」のトレーニングを
していきたいと思います

 

それぞれの発音記号が
独特な声の出し方が
あったと思うんですけど
マスターできましたでしょうか?

 

今回はマスターがまだ
出来ていない人もこれをやりながら
トレーニングをやりながら

 

是非覚えて
いければなと思ってます

 

前回と違うのは
今度「m」という文字を使って
いわゆる子音ですね

 

子音と一緒にFront Vowelを
発音していく練習をしていきます

 

というのも日本語と違って
英語というのは殆ど子音でしたよね?

 

いわゆる子音の文化なので
子音と一緒に出てくる音が
殆どなので

 

こういう母音は子音と一緒に
セットで発音していく練習も
必要だという事で

 

今回「m」の発音で
やっていきたいと思います

 

「m」は口をリップクリームを
つけた所をちょとならすみたいな
感じに。この音が「m」ですね

 

はじいてください。
これが「m」の音ですね

 

大事なのは英語というのは
子音の音に母音が乗っかっていく

子音が音を作って
母音が声を作っていく
レールを作っていく

 

そんな風に
なったと思いますけど

 

そこを意識しながら
やっていきたいと思います

 

そうしたらこっちから
こういう風に息を止めずに
読んでいく練習をしていきたいと思います。

 

1つ目の発音ですけど覚えていますか?
コレどうやって発音するか

この発音は「い」ですね。

この「い」は舌先を下の歯の
裏側につけて、口をスマイルにして
喉をべちょっと横に平べったくする
感じで「い」を読んでみましょう

 

じゃあmの発音のmの子音の音に
母音が後で乗っかってくる感じで
練習していきましょう!

行きます

 

出来ましたか?
もう一回行きますね

 

こんな感じです
次のところに行きましょうか!

 

今度は「い」の口をしながら
「え」と読みます。スマイルを
キープして舌先は下の歯の裏側に
そして喉を平べったくべちょっとしましょう

「い」の口で
「え」を言いましょう

 

コレですね

 

もう一回行きますね
コレです

 

次行ってみましょう
今度はeですね

これは「あいうえお」の
「え」と同じですけど
日本語と違って英語のeは

 

もっと後ろに
引っ張る感じで言います

 

喉をちょっと開けて
舌先を舌の歯の裏側につけて

 

スマイルをキープしながら
喉をべちょんと横にする
感じで行きましょう

 

コレですね
では発音してみましょう

もう一回行きますね

 

次行きます。次は「あ」と「え」が
合体したような発音記号ですけど
これは「え」と言った後に「あ」に
瞬時に変わるんでしたね

 

こんな感じです
それではやってみましょう!
行きます

もう一回行きますね

 

最後ですね。最後は
歯医者さんに行った時みたいに

 

口をちょっと開けて喉を開いて
その上で口をスマイルにして
音を平べったくやっていきましょう

出来ましたでしょうか?
何度も何度も記事を見直して
前回の記事も復習しながら

 

今回のFront Vowelをmの
子音の音と一緒に子音の音に
乗せていく感じに発音する
練習をしてみてください

 

今回は以上となります
お疲れさまでした~

 

また次回の記事でお会いしましょう
それでは!