【vol.48】絶対にやるな!日本人訛りの発音からなかなか抜け出せない人が陥りがちな勘違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※文字での表記に限界が
あるので発音レッスン動画を
見ながらこの記事を見てください。
よろしくお願いします

 

今回は子音の2つ目破裂音
「explosives」というのを
見ていこうと思います

 

前回と一緒で
無声音と有声音を
気をつけて

 

そして発音する時には
子音の音の上に母音の声が
後から付いてくる感じで

ずらしで発音する
事を意識する

この辺を意識しながら
やっていきましょう

 

今回の破裂音というのは
破裂する音なんですね

 

勿論破裂させようとすれば
一時的に声を止めないと
いけないわけですね

例えばたくとの「た」
「T」ですけどこれは

舌先を上の歯の裏に
当ててください

 

勿論一時的に声を止めて
話さないといけないので
舌先をつけたままじゃなくて

つけたままだと
勿論音が出ないので

つけて話してつけて話して
弾く感じで喋ってみてください

 

これですね
そうしたらこれの
有声音行きましょう!

有声音は

これが
「D」の音です

じゃあこれを
子音から母音に子音の音に
母音の声を乗せていく感じで
右側の所を読んでいきましょう!

次行きますね

こうなります。そうしたら
Time行きましょうか

日本語で「Time」と
言ったら「タイム」ですね

これを英語でいうと
「tttttime」

 

次のandも日本語で言うと
「アンド」ですけど

英語で言うと「ddddand]

 

次です
次はPの発音ですね
Pは「パピプペポ」と
言う時の日本語と同じですが

ちょっと大げさに
口をしっかり閉じましょう

閉じないとしっかり
破裂できないので
閉じて破裂する感じ
閉じて破裂する感じですね

 

これがPの音です
ではPの音やってみます

 

息を一時的に止めて発声
しているのが分かると思います

 

それが濁れば
良いので簡単ですね
「bbbbb」

これがBの音です

 

そしたら子音の音に母音の
声を後から乗っけていく
感じで読んでみますね

こんな感じですね
次bの音行きますね

 

こんな感じになります

 

それでは「captain」の音ですね
単語を読んでいきましょう

 

このcaptainのPは
真ん中の方にありますが
やることは一緒です

息を一時的に溜めて破裂
するような音を出しましょう

 

「きゃぷ~」って言わずに
「きゃぷっ」こんな感じですね

 

「captain」
こうなります

 

その次が
「Welcome aboard」

「ウェルカムアボード」
じゃなくて破裂させます

「Welcome aboard」ですね
しっかり破裂できていますか?

 

PとBは比較的破裂の仕方が
わかりやすいと思います

何故かと言うと口を
閉じてPって発声するので

 

次「K」ですね
Kは喉の奥ら辺で音を作って
出す感じのイメージですかね

勿論口を開けておきます
でもいっぱい開けないです
ちょっと開けておきます

 

なんか悪者のシーンで
「くっくっくっくっく」
笑っているみたいな
あんな感じな音ですね

 

イメージ「く」って
言えば良いですね

「く」なんだけど
「く」に「う」が
入らずにこれだけですね

 

息を閉じて
発声してください
行きます!

こんな感じです

 

そしたら「G」ですね
「G」は「gggg」
「kkkk gggg」

Gは有声音ですね
Kの有声音なので
有声にすればOKです!

行きましょう!

こんな感じですね
単語レベルで見ていきましょう!

今度スピーキングは
このスピーキングの
キの所に入っていますけど

これは「kkkk」
この音ですね

 

「speaking」
このpがさっき
やったpですね

こんな感じです

 

次は「guide」ですね
日本語で言うと「ガイド」
ですけど英語で言うと

「ggggguide」
こんな感じになります

 

出来ましたでしょうか?
何度も何度も練習して
「tttt dddd」
「pppp bbbb」
「kkkk gggg」

コレぐらいのペースで
全部言えるように
なっていれば良いですね

 

それでは今回の記事は
以上となります

子音の2つ目ですね

次回は3つ目を
やっていこうと思いますので
楽しみにしておいてください

 

お疲れさまでした!
また次回の記事で
お会いしましょう

それでは~